IFRS導入支援サービス

PwC Japanでは、IFRS導入プロジェクトを3つのフェーズに分けて推進しています。

  • Phase1(分析・評価:IFRS導入時の影響度分析・課題抽出)
  • Phase2(計画・実行:IFRS会計方針の決定、社内インフラ整備)
  • Phase3(導入・定着:IFRS財務諸表の作成、社内インフラ改善)
 

IFRS導入プロジェクト概要

画像をクリックすると拡大表示します

Phase1:分析・評価

IFRSの導入を単なる会計処理の問題と捉えず、IFRS導入が会社のステークホルダーに対してどのような影響をもたらすのかについて、慎重かつ多角的な分析・評価を行うことがIFRSプロジェクトにおける最初の重要なステップとなります。

PwC Japanでは、予備調査として、マネジメント層や管理部門担当者に対するインタビューを通して、全社的な経営課題および個別課題を把握し、IFRS導入の目的を明確に定め、プロジェクトの体制の整備、プロジェクト活動の具体的な実行計画案の策定を支援します。

Phase2:計画・実行

Phase2ではPhase1において抽出された課題を解決するために、会社の実態を把握したうえで、IFRS上の会計方針を決定し、会計方針を適切に運用するために各社の状況を踏まえたインフラを整備することが必要となります。

PwC Japanでは、IFRS会計方針の決定に際して会計専門家として助言を行い、各種規程・マニュアルなどの文書化業務についても積極的に支援します。また、業務プロセスなどの見直しについてはPwC Japan の各専門家とともにワンストップで支援します。

Phase3:導入・定着

Phase3ではPhase2において決定した会計方針に基づくIFRS財務諸表を作成します。

PwC JapanではIFRS財務諸表の作成自体を支援するとともに、本番時にスムーズな財務諸表作成を実現できるよう、業務プロセス導入・改善への助言などを行います。

 
 ページトップへ