IFRSサービス

国際財務報告基準(IFRS)は、既に欧州をはじめとする先進国および多くの新興国においても導入が開始されており、わが国においても連結財務諸表に対する任意適用会社が増加傾向にあります。このような状況を踏まえ、私たちPwC Japanは海外のPwCネットワークと連携しながら、グローバル展開を推し進める日本企業のIFRS導入のための各種アドバイザリーサービスをワンストップで提供します。

IFRSサービス概要

IFRSの導入がグループ経営管理の強化に資すよう、以下のサービスを提供します。

  • IFRS適用に伴う概括的影響度調査(ビジネスへの定性的・定量的な影響度分析、導入時の重要課題の抽出)
  • IFRS適用時の個別重要論点の調査・分析および文書化
  • グループ内の決算期統一/仮決算の実施に伴う決算早期化対応
  • IFRSグループ会計方針および会計処理ガイドラインの作成(日本語・英語)
  • IFRS対応情報システム導入・構築支援
  • プロジェクト計画策定・管理および人材派遣、社内教育研修の実施

IFRSサービス体制

PwC Japanでは、「IFRSプロジェクト室」を中心としたIFRSサービス体制を構築しており、IFRSサービスを提供する際には、各クライアント単位で編成されるプロジェクトチームに対してPwC Japan内の情報システムコンサルティング部門、税務サービス部門などが全面的にバックアップできるワンストップサービス体制を敷いています。また、海外PwCにおいてナレッジが蓄積されている専門分野については、現地のPwCの専門家と直接ディスカッションすることで、迅速かつグローバルレベルで展開可能なソリューションを提供します。

IFRSサービスの特長

PwC Japanでは、IFRS導入に伴い必要となる対応課題のうち、業務プロセスおよび会計・業務システムの見直しといった難易度が高い検討事項に対してはPwCの経験豊富な専門家の関与を積極的に推し進める一方で、IFRS対応向けの経理規程・ガイドラインの作成など工数を要する事項に対しては、PwC Japanの標準のツール・テンプレートを利用することで、効果的・効率的なサービスを提供します。

IFRSプロジェクト室

IFRSプロジェクト室は、IFRS適用プロジェクトをスムーズに展開できるようサポートし、IFRS関連業務のさまざまなニーズに対応するために、IFRS適用に際して効果的・効率的な必要情報の収集、解析、展開など、日々活動しています。

 
 ページトップへ