IFRS監査

IFRSが適用されると、IFRS基準で作成された財務諸表に関する監査を受ける必要性があります。
PwC Japan(あらた監査法人)では、以下のような施策を講じており、IFRS基準で作成された財務諸表に対する監査の体制をすでに整えています。

IFRS基準の財務諸表に関する監査を行うためのスキルの習得

IFRS基準で作成された財務諸表に関する監査に従事する人材は、PwC Globalで要請されたレベルの研修を全員が受講しており、また、それに加えてあらた監査法人で開発した「実践」研修についても全員が受講しています。

IFRS基準の財務諸表に関する監査の審査体制の確立

IFRSに関し、PwC Globalが任命したスペシャリストである「Global ACS* (Accounting Consultation Service)パートナー」を日本国内に配置し、より専門性の高い審査をタイムリーかつスムーズに行うことができます。

IFRS対応のためのグローバルネットワーク体制

IFRSはいわゆる「原則主義の会計ルール」であることから、これによって作成された財務諸表監査をスムーズに進めていくためには、グローバルでの適用事例を含めた情報収集が必須要件となります。
PwC Japanでは、産業・業種別のチーム編成を行っており、海外のPwCメンバーファームにおける業種別チームと定期的に情報交換し、業種特有の問題に関する情報収集を行っています。
このように、PwCグローバルとの強固なネットワークを構築し、それを十分に活用することにより、より品質の高い財務諸表監査が可能となります。

*Global ACSについて
PwCでは、世界でバーチャルな組織である「Global ACS」がIFRSの解釈や適用方針を決定しています。PwC Japanでは、「Global ACS」正式メンバーである「Global ACSパートナー」を有しており、大半の問題について日本で解決できる体制を整えています。

IFRS監査

 
 ページトップへ