製造業(一般) |  まとめ

一般的な製造業を営む業種で、必ず疑問点として挙がってくると想定された3つの論点について説例を参考に検討してきましたが、最後にそのポイントをクイズで確認していきたいと思います。3つの選択肢の中で一般的に誤りと思われるものはどれでしょうか?

Quiz 1:収益の認識基準として出荷基準は認められるか?

  1. 出荷時点でリスクと経済的便益が移転すると認められる契約であれば認められるかもしれない。
  2. 出荷基準はどのような場合も認められない。
  3. 通常は、出荷によりリスクと経済的便益が移転すると認められない場合が多いため、出荷基準が認められないことが多い。

Quiz 2:税法に定める有形固定資産の耐用年数は認められるか?

  1. 税法に定める耐用年数はいかなるケースでも全く認められない。
  2. 有形固定資産の実際の経済的耐用年数と税法の耐用年数が乖離している場合は認められない。
  3. 会社が当該資産を使用すると決めた年数と税法の耐用年数が乖離している場合は認められない。

Quiz 3:売掛金のうち「一般債権」にあたるものに貸倒引当金が計上できるか?

  1. 他の検討を全く行わず、日本基準と同様、一般債権残高に過去の実績率を単純に乗じた金額をそのまま計上できる。
  2. 一般債権を同一のクレジットリスクのグループに分類し、グループごとに将来キャッシュフローを見積もって計上することができる。
  3. 一般債権に対しても貸倒引当金を計上することができる。

回答

  • Quiz 1(2)
  • Quiz 2(1)
  • Quiz 3(1)