リリースにかかるリスク評価/定着化支援

プロジェクトリリース時においては、 「本番移行後の業務をどれだけスムーズに立ち上げ、安定運用させるか」、「システムを本番稼働させた時のリスクをいかに低減するか」がキーファクターになります。特に、本番稼動後の運用体制や、追加要件対応/二次開発も視野に入れた本番リリース判定プロセスを慎重に検討することが重要であると考えられます。
あらた監査法人の「リリースにかかるリスク評価/定着化支援サービス」ではプロジェクトリリース時のリスクを分析し、新業務プロセスや新システムを通常業務に円滑に移行するための定着化作業を支援します

プロジェクトのリリースを実施するにあたり

こんな「悩み」をお持ちではありませんか

  • プロジェクトリリース/本番移行の期限が迫っているが、認識していない課題やリスクがあるかもしれない。
    ・・・客観的な立場から、プロジェクト達成度とリリース時のプロジェクトリスクを評価する必要があります。
  • プロジェクト管理/運営は成功していると思われるが、通常業務への移行計画に体力をかけていない。
    ・・・業務部門からの要求と、既存システムの制約を勘案しながらプロジェクトを進める体制を構築する必要があります。
  • プロジェクト体制の解散後、特別態勢から問題なく通常業務への移行することができるだろうか。
    ・・・移行後の組織体制と要員の教育/研修計画を事前に検討する必要があります。
  • プロジェクトがクローズした後に、残課題や追加要件への対応はどうなってしまうだろうか。
    ・・・プロジェクトがクローズする前に残課題のフォローアップを計画する必要があります。

上記のような「悩み」について相談を受ける機会は非常に多く、各企業が同じような経営課題を抱えている状況であると考えられます。

プロジェクトを円滑にリリースするためには

プロジェクトを円滑にリリースするためには、プロジェクトの進捗状況と残課題を分析/評価し、通常業務へ移行/導入するための準備を十分に実施できる体制を整えておくことが重要となります。あらた監査法人では「プロジェクト目的の達成度の確認」と「通常業務への移行体制の構築」という観点から、プロジェクトリスクの分析と業務定着化を支援します。

プロジェクトの目的を達成するためには

リリースにかかるリスク評価/定着化支援サービスメニュー

プロジェクトの品質/達成度についての客観的調査

プロジェクトの目的が達成できているかどうか、プロジェクトリスクが存在しないかを調査します。

  • プロジェクトの成果物等を分析し、プロジェクトの目的が達成できているかについて評価/分析します。
  • リリース判定プロセスのレビューおよび同種のプロジェクト事例よりプロジェクトリスクを把握します。

移行プロセス(移行計画)の評価/作成支援

プロジェクトリリース後に通常業務への移行プロセス(移行計画)を評価することで移行リスクを把握し、通常業務への移行体制構築を支援します。

  • 移行リハーサル、コンティンジェンシープラン、業務部門の成熟度検証等の状況を評価/分析します。
  • 分析した移行リスクの対応策の検討や移行プロセス(移行計画)のブラッシュアップを支援します。

通常業務への移行体制/定着化への支援

プロジェクトリリース後の通常業務における組織体制の移行、教育/研修等を支援します。

  • プロジェクトチーム解散後の、組織体制の移行を支援します。
  • プロジェクトメンバーから業務部門担当者へのスキルトランスファーを支援します。

残課題へのフォローアップ、追加要件への対応のためのロードマップ作成支援

プロジェクト残課題を整理し、追加要件対応/次フェーズへの対応のためのロードマップ作成を支援します。

  • プロジェクトの残課題を整理し、対応リスクの把握/フォローアッププランの作成を支援します。
  • 追加要件対応/次フェーズへの対応ロードマップの作成を支援します。

当サービスのアプローチ

あらた監査法人では、下記のようなSTEPでプロジェクト品質の評価から、課題のフォローアップ/次フェーズのロードマップの作成までのプロセスを支援します。

当サービスのアプローチ

 
 ページトップへ