人的資源管理の最適化支援

ビジョンや経営目標の達成に向け、戦略実行を成功させるポイントは、日々の活動において、組織メンバーを掲げる目標へ向かって動かせるかどうかにかかっています。その為には、将来における人的資源需要を予測、確保し、確保した人材を動機づけていくための一連の仕組みを構築する必要があります。
同じように、プロジェクト目的を達成するためにも、プロジェクト企画・実行・定着化それぞれの段階に関連する人間的要素を考慮に入れ、仕組みの構築およびマネジメントをしていくことが重要な鍵となります。
あらた監査法人の「人的資源管理の最適化支援」では、プロジェクトのそれぞれの段階において、「ステークホルダーを効果的にマネジメントできているか」と「強いプロジェクトチームが作れているか」の観点から、プロジェクト推進上の組織課題を明確にし、プロジェクト目的を達成するための支援を実施します。

プロジェクトの人的資源管理にあたり

こんな「悩み」をお持ちではありませんか

  • プロジェクトにアサインしたメンバーは通常業務との兼務者が多いため、通常業務繁忙期にプロジェクトタスクが遅延する可能性があるのではないか。
    ・・・機能部門とプロジェクトの責任・権限・優先度等を整理する必要があります。
  • 「プロジェクトに参加しても評価されない」という認識が社内に拡がり、プロジェクト活動にコミットできていないメンバーがいる。
    ・・・プロジェクト活動が適切に評価される仕組みを構築する必要があります。
  • プロジェクト関係者によって成果イメージが異なり、検討や意思決定における軸がぶれてしまう。
    ・・・目的・意義や全体プランを共有し、同じ方向を向いて進める環境づくりが必要です。
  • 何となくプロジェクト活動が下火になり、責任の所在が不明確なまま、問題が先送りされる。
    ・・・残課題を整理し、後継担当の役割、権限、責任を明確にする必要があります。

上記のような「悩み」について相談を受ける機会は非常に多く、各企業が同じような経営課題を抱えている状況であると考えられます。

プロジェクトの目的を達成するためには

プロジェクト目的を達成するためには、人間的な問題への対処が重要な鍵となります。プロジェクト企画・実行・定着化それぞれの段階に関連する人間的要素を考慮に入れ、仕組みの構築およびマネジメントをしていくことが求められます。あらた監査法人では「ステークホルダーマネジメント」と「強いプロジェクトチームづくり」にポイントをおいて、プロジェクトの人的資源管理最適化を支援します。

プロジェクトの目的を達成するためには

サービスメニュー ~人的資源管理の最適化支援~

プロジェクトを取り巻く環境調査

プロジェクト推進の鍵を握る組織の状況(組織構造、プロジェクトへの関わり方、部門間の関係、評価指標等)や過去プロジェクトの組織状況などを調査します。

  • 組織関連の資料(組織構造、評価指標、過去プロジェクのト体制図等)をレビューすることにより、プロジェクトリスクを把握します。
  • 経営者・関係者にヒアリング/インタビュー等を実施し、経営目標を勘案の上、課題を調査/分析します。

人的資源計画書の作成支援

プロジェクトチーム内の役割責任、組織、要員のマネジメント計画書を作成します。

  • 各メンバーの役割、権限、責任、求めるスキルなどを検討し、役割分担表などの文書化を支援します。
  • 要員調達に関する事項(調達先、期間、制約条件等)を検討し、要員マネジメント計画書作成を支援します。

プロジェクトチームビルディング支援

チームメンバーの不安を解消し、同じ方向を向いて進める環境づくりを支援します。

  • プロジェクトの目的・意義や全体プランなどをワークショップを通じてチームメンバーの理解を促し、取組みへの動機付けやコミットメントを引き出します。
  • プロジェクトチームに必要とされる要件を定義し、必要なスキルをトレーニング、ワークショップ、個別フォローなどを通じて移転し、チームメンバーの意識改革や価値観の統一を支援します。

通常業務への移行支援

プロジェクト終了時の課題を明確にし、適切な担当者への引継ぎを支援します。

  • 目的達成状況や残課題、教訓を分析・要約し、プロジェクトナレッジの文書化を支援します。
  • 後続担当の役割、権限、責任を検討し、引継ぎ先の選定(機能部門、別プロジェクト)を支援します。

当サービスのアプローチ

あらた監査法人では、下記のようなSTEPで、プロジェクトを取り巻く環境調査から、通常業務への移行までのプロセスを支援します。

当サービスのアプローチ

 
 ページトップへ