データマネジメント・分析アドバイザリー

あらた監査法人では、監査業務を通じて得た経験とデータアシュアランスの技法を活用することで、データ分析の観点から経営課題の解決につながるアドバイザリーサービスを提供します。

不適切な会計処理への対応として決算時に十分なモニタリングを行う必要がある。

IT化の進展によりデータ処理量が膨大化しているため、効率的なモニタリング態勢を整える必要がある。

企業・組織の収益逸失の原因を分析し、収益機会の最大化を目指す必要がある。

データマネジメント・分析アドバイザリー

V.プロジェクト・リスク・アドバイザリー IV.プロセス・組織アドバイザリー III.レポーティングアドバイザリー II.リスク・ガバナンスアドバイザリー I.コントロールアドバイザリー・アシュアランスサービス

PwCグローバルでの実績や経験と会計監査支援業務によって蓄積された経験とノウハウによるサービスの提供

財務諸表レベルから特定の取引にブレークダウン可能なCAATの技法を活用したサービスを提供

CAATを活用し検索時間の短縮網羅的な検索、オフサイトモニタリングの実現を支援

収益機会の分析を行い、収益逸失の真因を把握し、取りこぼしを予防するための実行計画策定を支援

決算時モニタリング・データ分析支援

財務諸表や総勘定元帳データを活用した決算時における異常点把握、分析を行うための体制構築を支援します。

不正取引・不正業務モニタリング支援

コンピューター利用監査技法(CAAT)を活用し、不正の疑いがある取引や業務をモニタリングし、発生防止のための態勢構築を支援します。
※海外子会社や多数の取引が発生する業務等で活用が期待されます。

レベニューアシュアランス(収益機会の最適化)

過大請求、課金漏れ等顧客への誤請求防止のための態勢構築、およびシステム間のインターフェースや請求金額確認作業の見直し等を行い、収益機会の最適化を支援します。

 
 ページトップへ