内部統制構築・最適化、SOX対応支援

米国企業改革法(US-SOX)や金融商品取引法(J-SOX)により、自社の内部統制を整備、運用することの重要性が定着化し、上場企業においては、年次で内部統制の整備/運用状況の有効性を評価しています。
各企業とも適用初年度に向けて多大な工数、コストをかけて内部統制を構築・評価し、その後は、効率化と有効性の観点から最適化を図ってきました。しかしながら、内部統制やその評価方法が形式化、形骸化しているケースも少なくありません。

なぜ適切な内部統制が必要なのか

近年、個人情報の流出、有価証券報告書などの虚偽記載により社会に重大な損失を与える不祥事が相次いでいます。これらの事象は、適切なリスク管理が行われていない、コンプライアンス体制が整っていないなど適切な内部統制が整備されていないことが原因です。一度不祥事を起こすと、損害賠償などの一時的な損害だけでなく、信用低下によるビジネスチャンスの逸失などの長期的な損害につながります。適切な内部統制の構築は今や企業の義務となっています。

内部統制とガバナンス

昨今、内部統制やガバナンス改革が再び注目されています。1992年に発行された「COSO内部統制のフレームワーク」が全面的に見直され、2013年5月に改定版が公表されました。内部統制の本質的な定義は変わっていませんが、ビジネスや業務の変化をはじめとした環境の変化への考慮や、報告目的の拡大などの内容が盛り込まれています。単なるリスク管理やコンプライアンスだけでなく、企業価値の向上や持続的な組織運営の観点から、内部統制やガバナンスを考えていく必要があります。

最適な内部統制とは

内部統制対応の重要性が増す一方で、企業として内部統制を構築する際に検討すべきことは、過不足のない統制を構築することです。必要な内部統制が構築されていないと、不祥事などが発生し、想定外のコストが発生するリスクがあります。
また、過剰に内部統制を構築することは統制コストの増加につながり、費用対効果の観点から現実的ではありません。加えて、形式的ではなく、実質的な効果を十分考慮した内部統制を検討すべきです。

あらた監査法人では、グローバルのベストプラクティスと内部統制監査の経験を生かしたアプローチにより、企業の内部統制に関する構築・評価・最適化支援サービスを提供しています。

最適化によるメリット

1.ビジネスチャンスの拡大に貢献

最適な内部統制の構築により、不祥事を未然に防止し、風評被害によるビジネスチャンスの逸失を防ぐことができます。この結果、持続的なビジネスの拡大に貢献することができます。
さらに、適正な統制を実施することで、意思決定スピードの向上により、新たなビジネスの拡大につながります。

2.追加コストの削減に貢献

レピュテーションリスクの顕在化を防止することで、同リスクへの対処にかかる追加コストの負担を削減することが可能です。
また、最適な内部統制の導入により、不必要な統制コストや、財務報告に係る追加対応コストを最適化することができます。

3.健全性を証明し、信頼度の向上に貢献

適切な内部統制を構築することは、上場企業の義務となっています。最適な内部統制を構築することは、ステークホルダー(利害関係者)や顧客に対して企業の健全性を証明し、信頼度の向上に貢献します。

内部統制の最適化によって期待される効果

  • リスクに対して有効な統制が確保される
  • 業務プロセス、情報システム、統制を最適な形で統合することができる
  • 役割と責任、キーコントロールを明確化することができる
  • コンプライアンスリスク、不正や誤謬のリスクが低減される
  • 個々の統制活動の視点からのボトムアップだけでなく、ガバナンスの視点からのトップダウンでの企業価値の向上を図ることができる

サービスの概要

※下記は内部統制に関するサービスの一例です。当法人では、会計監査人としての知見・経験やアドバイザーとしての経験に基づき、さまざまなサービスを展開しています。

■内部統制報告制度に関する評価支援サービス
米国企業改革法(US-SOX)や金融商品取引法(J-SOX)への対応に関わる有効性評価を支援します。テスト計画の策定や、テスト手続の作成、テストの実施、不備の特定と重要性の評価など、評価作業での各フェーズに関わるさまざまな支援を行います。
また、評価作業を継続的、効率的、効果的に運用していくための助言を提供します。
■M&Aなど大きな環境変化に伴う内部統制構築支援サービス
大きな環境変化があった場合における、新たな対象範囲に関する内部統制の構築状況を評価し、問題点の改善を支援します。
また、新たな対象範囲を対象とした評価作業の支援も可能です。
■内部統制の最適化支援サービス
当法人が内部統制報告制度の対応において培ってきたノウハウを基に、業務、リスク、内部統制の現状を分析します。この結果から、重複している点や不十分な点などを洗い出し、効率化、合理化を図ることで適正化に向けた支援を行います。
■ガバナンス向上支援サービス
財務報告の信頼性の目的を達成するだけの内部統制構築ではなく、内部統制の高度化を通じ、ガバナンス、リスク管理、コンプライアンスの向上のためのさまざまな領域での支援です。
また、企業単体だけでなく、グループにおける内部統制やガバナンスなど管理態勢の強化を考慮した支援を行います。
加えて、IT・システムに関する内部統制の改善を通して、ガバナンスと密接に関係するITガバンナンスの向上や、顧客情報保護、外部委託先管理のように、特定の領域におけるガバナンスの向上に関わる支援も可能です。
 
 ページトップへ