J-SOX文書化・評価および最適化支援

企業の合併・買収を行った結果、買収した海外子会社が新規に評価対象となる場合や、新興国の子会社が急成長した結果、業務プロセスに係る内部統制の評価対象になる場合等、新たにJ-SOXへの対応が必要となるケースが増えています。
また、改訂J-SOX基準導入により、内部統制報告制度の運用の見直しにより、内部統制の基準・実施基準の簡素化・明確化がなされたものの、評価作業の効率化が出来ない等、あらた監査法人では企業の直面するJ-SOX対応への取り組みに際し、J-SOXならびにUS-SOX対応に関して経験豊かな専門家が各社のニーズに応じた多様なJ-SOX評価支援サービスを提供しています。

文書化・評価支援

新たにJ-SOX対応が必要となる海外子会社のJ-SOX対応(文書化・評価)について、PwCグローバルネットワークを活用し、現地のPwCファームのプロフェッショナル、およびPwC Japanネットワークファームとの緊密な連携を取りながら、サービスを提供することが可能です。

  • 海外子会社のアウトソース
  • 重要な欠陥判定のアドバイザリー
  • 内部統制評価体制構築支援(海外子会社向け) など

最適化支援

現状のJ-SOX対応プロセスを見直し、リスク識別や統制による対応が過剰と思われる領域、さらには、経営者評価としての整備状況評価、運用状況評価の手続きについても、監査人としての内部統制監査の経験を生かし、有効性を損なわずに効率的な評価ができる態勢にするためのご支援を致します。

  • 評価文書見直しのアドバイザリー
  • 評価作業のコソース など
 
 ページトップへ