内部監査の品質評価:外部評価の実施および内部評価支援

昨今の企業を取り巻く環境の変化を受けて、内部監査部門には、自らの活動に対して品質評価を実施することで、期待とおりの役割を果たしているかを確認し、その結果を最高経営者および取締役会に報告することが求められています。IIA(内部監査人協会)では、1)継続的モニタリング2)定期的なレビュー3)組織体外の適格にして独立な評価者によるレビュー、これらすべてを要請しています。 3)については5年に一度以上の実施を求めています。

内部監査の品質評価支援

あらた監査法人は、IIA基準に準拠したPwCのメソドロジーに基づき、内部監査の品質を評価します。

内部監査の品質評価支援の種類
品質評価支援業務の種類 実施内容 品質評価支援実施のポイント
フル外部評価
  • 内部監査の定義、基準、倫理綱要への適合性評価
  • 有効性と効率性の評価
  • ベストプラクティスの適用を含む改善機会の識別
内部監査部門にとって改善の機会となりうるテーマ(※)を重点的に検証し、高度化を図る等、費用対効果を高めることが可能です。
※例えば、以下のものが挙げられます。
リスクアセスメント/内部監査人の教育/情報システム監査/CAAT(コンピュータ支援監査技法)/オフサイトモニタリングの高度化等)
自己評価と独立した検証(SAIV)
  • 内部監査の定義、基準、倫理綱要への適合性評価
IIA基準との適合性評価のみに限定されている場合は、費用対効果が高いものと考えます。ただし、自己評価プロセスの妥当性が主な評価対象となるため、前提となる自己評価プロセスが品質評価マニュアルに沿って確立されている必要があります。
内部評価支援 内部監査部門が実施する内部評価の使用ツールの選定およびカスタマイズ、内部評価結果のレビュー等 内部評価の作業負担と得られる効果を勘案し、PwCのメソドロジーおよび事例等に基づくアドバイスを提供することが可能です。

フル外部評価においては、PwCのメソドロジーである“PwC Quality Assurance Review Methodology”を採用し、実施します。

フル外部評価のプロセス
フル外部評価のプロセス
画像をクリックすると拡大します

PwCグローバルDBを活用したベンチマーク分析およびベストプラクティスの適用

あらた監査法人は、外部評価向けのナレッジDBである「Profiler」およびPwCの考えるプロセスレベルのベストプラクティスや世界の多くのトップ企業で行われている内部監査の実務を収めたナレッジDBである「Global Best Practices(GBP)」を保有しており、ベンチマーク分析等、外部評価および改善提言を行う際に活用します。

Profiler / Global Best Practices(GBP)
Profiler / Global Best Practices(GBP)

 
 ページトップへ