内部監査態勢の構築・高度化支援

内部監査態勢の高度化支援

あらた監査法人の内部監査メソドロジーは、既に周知されている「情報(インフォーメーション)」ではなく、現地・現物・現時点で現場を見てきた内部監査人のみが知りえるインテリジェンスを、タイミング良く経営者に伝達し、経営戦略を支援するメソドロジーです。

あらた監査法人の内部監査メソドロジー
画像をクリックすると拡大します

内部監査機能構築支援

内部監査の体制・機能の構築には、ステークホルダーの内部監査に対するニーズに基づき、規程の整備、リスクアプローチによる監査計画の立案、往査の実施、監査結果の報告、フォローアップが必要です。
あらた監査法人では、クライアントの内部監査機能の規模や成熟度を踏まえ、求められる内部監査機能の構築・強化のために豊富なメソドロジーやナレッジを使い、必要なリソースを提供します。

グループ会社管理態勢の構築・運用支援

グループ全体を統合的に管理するための方法はさまざまで、ビジネス環境、戦略、法制度など、多くの要因によって決められます。
グループマネジメント、グローバルマネジメントは、グループ本社を頂点とする組織的管理によりグループ会社を管理する形態と、グループ本社から経営者・幹部社員を派遣することによってグループ会社を直接管理する形態があります。
グループ全体を管理する最適な形態、グループ方針や規則、財務管理/業績評価方法の確立、グループとしてのシステム戦略、報告や承認手続、モニタリングの方法など、グループとして整備すべき多くのポイントがあります。
あらた監査法人では、多くのクライアントへの監査支援を通じて、グループ会社管理態勢の構築・運用に関するノウハウを蓄積しています。これらを活用し、クライアントのグループマネジメントのためのアドバイスや構築に必要なリソースを提供します。

内部監査人教育訓練支援

内部監査人には、アシュアランス業務のほか、コンサルティング業務も期待されていますが、いずれにおいても内部監査人の知識や技術が業務の成否を決める鍵となります。
内部監査はチームワークで行うことが基本ですが、問題点の検出につながる個々の監査作業は、個々の内部監査責任者の資質・知識・経験に依存します。
その意味で、内部監査担当者をプロフェッショナルとして育成することは、内部監査機能の強化につながります。あらた監査法人では、長年培ってきたナレッジやPwCのメソドロジーを基に、内部監査担当者の教育訓練を支援します。

COSOモニタリングの支援

2009年2月4日、トレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)の内部統制システム・モニタリング・ガイダンス(Guidance on Monitoring Internal Control Systems)が公表されました。
内部統制報告制度の適用2年目において、内部統制に不備のない会社は少なく、どの会社も内部統制の改善・向上の努力を継続して進めなければなりません。
内部統制が有効に機能しているという合理的な保証を得ることは、企業にとって重要な課題であり、モニタリングプロセスを効率的・効果的に利用することによって、これを実現することができます。
あらた監査法人では、内部統制システム・モニタリング・ガイダンスに基づいて、モニタリングのプロセスを具体化し、効率的・効果的なモニタリングを実現するアドバイスやリソースを提供します。

リスク評価支援

経営を取り巻くリスクを網羅的に識別・評価し、重要なリスクに対して適切な対応が取られているか否かを判断するには、ベストプラクティスとの比較・分析が有効です。
あらた監査法人は、PwCグローバルネットワークが蓄積したデータベースを利用し、クライアントが行っているリスク評価と対応を診断・分析することによって、リスク評価の改善を支援します。

統制自己評価(Controls Self Assessment:CSA)導入支援

内部統制の強化・改善を推進するのは、内部監査部門だけの役割ではありません。内部統制の実施者が主体的に参加して、自ら統制の評価・改善を行う(CSA : 統制自己評価)仕組みも有効です。
あらた監査法人では、社内にCSAの風土を根付かせ、効率的・効果的に内部統制の強化・改善を進めるためのリソースを提供します。

 
 ページトップへ