投資に関する社内ルール作成支援

有価証券の減損処理は財務報告上の問題だけではなく、投資継続か撤退か、ビジネス上の意思決定に直接関連する重大な検討課題です。しかしながら、投資の意思決定に際しては綿密な検討を行ったものの、その後の業績モニタリングができていない企業が少なくありません。その結果、適切なタイミングでの対応がとれず、投資損失の拡大につながることもあります。ビジネス意思決定への活用も視野に入れ、まずは会計マニュアルの一つとして、数値基準だけでなく実態に即した減損処理の要否判定ルールの作成を支援します。PwCのグローバルネットワークを通じて得られる国際企業の数多くの事例を反映した留意事項や会計アドバイスを提供することで、各社の特性に即したルールの作成を支援します。

社内ルール策定時のアプローチ例
社内ルール策定時のアプローチ例

投資に関する社内ルール作成支援 有価証券の減損処理の要否判定からビジネス意思決定へ[PDF 40KB]

 
 ページトップへ