財務報告体制構築支援

高品質な会計アドバイスを求めるすべての企業に対して、広範かつ深度のある知識と経験を背景に各分野の専門家が支援します。PwCのグローバルネットワークは監査およびアシュアランスサービスを全世界で展開しており、このネットワークで培われたノウハウを基にした会計アドバイスや支援ツール、ガイダンスならびに研修の提供により企業の財務報告体制の品質向上を支援します。

財務報告に関して次のような課題に直面していませんか?

  • 連結決算業務に時間がかかる
  • グループ内でも会社によって、異なる会計基準を適用している
  • 投資する際には綿密な検討を行ったが、その後の評価基準がない
  • 投資先の会社を連結決算の範囲に含めるべきか、判断が難しい
  • 子会社や関連会社の決算期を親会社と統一する必要がある

私たちがお手伝いできること

日本基準、米国基準、IFRSに準拠した監査および会計アドバイスサービスの幅広い知識と経験を基に、財務報告体制の構築を支援します。また、海外のグループ会社に対して、PwCのグローバルネットワークを通して統合されたサービスを展開します。その一例が以下の会計アドバイスサービスです。

連結財務諸表の作成支援
連結財務諸表作成の事前準備から連結決算業務と開示資料作成までの一連の連結財務諸表作成を支援します。
連結決算のグループ会計マニュアル作成支援
企業グループ全体の業績を掌握するための連結決算のグループ会計マニュアルの整備ならびに経営管理体制の構築を支援します。
投資に関する社内ルール作成支援
有価証券の減損処理の要否判定に関して、数値基準だけでなく実態に即した社内ルールの作成を支援します。
連結決算の範囲検討支援
日本基準やIFRSについて、連結決算の範囲に関する検討を支援します。
連結決算期統一・決算早期化支援
高品質な財務情報をタイムリーに提供するために、企業のグループ連結決算における決算期統一および決算早期化を支援します。