リース会計システム

IFRS改訂への会計システム対応はできていますか?私たちは、効率的かつ効果的なウェブベースのリース会計システム“GlobalLeaseCenter(GLC)”の導入支援を行います。 IFRSおよびUS GAAPの新基準により、リース会計は根本的に改訂されることになり、また日本基準においても複雑なテーマとなっています。使用権という新しいアプローチに従い、すべてのリースは貸借対照表上で認識されます。会計処理、リース処理、財務報告システムや主要な業績指標に及ぼす影響は多大なものになると予想されます。中でも実務的な課題は以下の点です。

  • 現在オペレーティングリースに分類されているリースは資産計上されるため、組織変更やITシステムの変更が必要となる
  • 財務計画や業績予想のアップデートが必要となる
  • 現在の財務制限条項の再検討や変更が必要となる

これらの課題へのソリューションとして、私たちはリース会計システムであるGLCの導入支援を行います。このシステムの主なモジュール例は以下のとおりです。

  • 契約データ:会計処理のために必要な契約データの管理、文書化
  • データ処理:リース分類サポート、会計上影響評価に役立つシナリオ分析
  • レポート:財務報告目的の会計仕訳・開示用注記の作成、管理会計・営業・マーケティング用の個別レポート作成

以下の重要なステップの実施に際して、貴社に有用なアドバイスを提供します。

  • リース会計に関する課題識別と対応策を講じる支援
  • アプリケーション導入に際しての有用なアドバイス
  • 既存システムやプロセス分析による今後の業務フロー構築サポート
  • 機能テストの実施とご担当者向け研修による継続的な知識・ノウハウの移行

リース会計を取り巻く環境

リース会計システムGlobalLeaseCenter導入支援 IFRS改訂へのシステム対応できていますか?[PDF 410KB]

 
 ページトップへ