クロスボーダーM&Aにかかる会計アドバイス

日本企業による海外企業買収においては、法規制や財務会計基準、税法体系等の差を背景として、国内M&A以上に複雑な検討課題があります。M&A後に成果を上げるためには、取引前の会計処理検討だけでなく、その後の財務報告体制構築も視野に入れて、さまざまな面から検討を行う必要があります。

PwC JapanはM&Aサービスに特化した経験豊富なプロフェッショナルを擁しており、M&A取引実行前段階から取引実行後段階まで、すべての場面において会計アドバイスを行います。また、各国の基準に精通したバイリンガルプロフェッショナルが、PwCのグローバルネットワークを通じて現地チームと協働し、監査人とは異なる立場から会計アドバイスを行い、貴社の問題解決をサポートします。

クロスボーダーM&Aにかかる会計アドバイス

 

クロスボーダーM&Aにかかる会計アドバイザリーサービスのご紹介[PDF 45KB]

 ページトップへ