トレジャリーソリューション(財務・資金管理の高度化)サービス

なぜ今トレジャリーマネジメント(財務・資金管理)に取り組むべきか

日本における一般的なトレジャリーの概念は、支払・回収、資金調達・運用を円滑に実施し、企業の血流たる資金を遅滞なく循環させることに主眼が置かれています。しかし、リーマンショックや欧州債務危機時には、資金の流動性が著しく損なわれ、財務・資金管理の主目的である「資金を遅滞なく循環」させることが危ぶまれる事態が発生しました。このことは、資金管理の考えを見直す機会となりました。

一方で、近年の新興諸国の急成長を背景とした日系企業の海外進出は、新たな資金管理の課題を生んでいます。進出国の増加は、企業の取扱通貨の増加をもたらすとともに、各国で異なる規制環境と複雑に絡み合うことで、資金管理を急激に複雑なものとしました。
このような新興諸国での資金管理の複雑性の増大と流動性確保は、海外展開する日系企業にとって安定的に事業展開する上で対処すべき重要な課題です。

トレジャリーマネジメント(財務・資金管理)のご提案

一口にトレジャリーマネジメントといっても、考慮すべき課題は企業の置かれた状況により異なります。それぞれの状況に合わせたソリューションの選択を行うだけでなく、各国の規制や商習慣、税金、会計制度、各種システム、内部統制等を踏まえた上で自社の状況、目指すべき姿に合わせたスキームを構築することが重要です。

PwCは、グローバルで最大規模のトレジャリー・アドバイザリー・チームを有し、トレジャリー業務一般から、リスク管理、銀行取引、税務、会計、システム開発、プロジェクトマネジメントまで、各分野の専門家を多数有し、戦略の立案から導入・運用支援まで幅広いサービスを提供しています。
経験豊富な専門家と強固なPwCネットワークとの連携により、幅広い知見を集約し、皆様にとって最適な専門家チームで企業の財務・資金管理を最適化していくための、さまざまな先進的なソリューションを通じたトレジャリー業務の高度化・効率化の手段を提案します。

トレジャリーソリューション高度化のステップ
トレジャリーソリューション高度化のステップ
画像をクリックすると拡大します

トレジャリーマネジメント(財務・資金管理)の主なサービス

流動性管理(キャッシュ・マネジメント・ソリューション)

  • キャッシュプーリング
  • キャッシュフロー予測精緻化

ファイナンスソリューション

  • グループファイナンス
  • サプライチェーンファイナンス

銀行取引管理ソリューション

  • バンク・アカウント・マネジメント
  • グローバル・キャッシュ・マネジメント提供銀行選定・導入アドバイス

決済ソリューション(含む、企業内銀行)

  • ペイメントファクトリー
  • コレクションファクトリー
  • ネッティング

リスク管理ソリューション

  • 為替リスク管理
  • 金利リスク管理
  • コモディティリスク管理
  • ヘッジ会計

トレジャリー・マネジメント・システム(TMS)・ソリューション

  • TMS選定・導入アドバイス