「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件」等の一部改正の公表(金融庁)

View this page in: English

2017年5月8日 第327号

  • 2017年4月28日、金融庁は「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件」等の一部改正を公表しました。
  • 国際会計基準審議会(IASB)が2016年7月1日から同年12月31日までに公表した国際会計基準を受けて、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(以下、連結財務諸表規則という。)第93条に規定する指定国際会計基準の改正および指定国際会計基準に含まれる解釈指針の追加が行われています。

連結財務諸表規則第93条に規定する指定国際会計基準の指定

IASBが2016年7月1日から同年12月31日までに公表した以下の国際会計基準を受けて、連結財務諸表規則第93条に規定する指定国際会計基準の改正が行われています。

なお、指定国際会計基準から削除されたものであっても、新たに指定された指定国際会計基準が適用されるまでは引き続き適用することができるものとされています(連結財務諸表規則ガイドライン93‐2)。

指定国際会計基準

改正

  • 国際財務報告基準(IFRS)第4号
    「保険契約」(2016年9月12日公表)(注1)
  • 国際財務報告基準(IFRS)第12号
    「他の企業への関与の開示」(2016年12月8日公表)(注2)
  • 国際財務報告基準(IFRS)第1号
    「国際財務報告基準の初度適用」(2016年12月8日公表)(注2)
  • 国際会計基準(IAS)第28号
    「関連会社及び共同支配企業に対する投資」(2016年12月8日公表)(注2)
  • 国際会計基準(IAS)第40号
    「投資不動産」(2016年12月8日公表)(注3)

連結財務諸表規則第93条に規定する指定国際会計基準に含まれる解釈指針

連結財務諸表規則第93条に規定する指定国際会計基準に含まれる解釈指針について、以下が追加されています。

指定国際会計基準に含まれる解釈指針

追加

  • 国際財務報告解釈指針委員会(IFRIC)解釈指針第22号
    「外貨建取引と前払・前受対価」(2016年12月8日公表)(注4)

適用時期

2017年4月28日付で官報に掲載され、同日から適用されています。

  1. IFRS第4号の修正(IFRS第9号の適用に関する経過措置の修正)の概要については下記をご参照ください。
    2016年9月13日 IASBがIFRS第4号「保険契約」の修正を公表‐IFRS第9号「金融商品」の適用がより柔軟に
  2. IFRS基準の年次改善2014‐2016年サイクルにおけるIFRS第12号の修正(範囲の明確化)、IFRS第1号の修正(「IFRSからの短期的な免除」の削除)、IAS第28号(投資の測定の明確化)の修正の概要については下記をご参照ください。
    2016年12月12日 IASBがIFRS基準の年次改善2014‐2016年サイクルを公表
  3. IAS第40号の修正(投資不動産の振替の明確化)の概要については下記をご参照ください。
    2016年12月9日 IASBがIAS第40号「投資不動産」の修正を公表
  4. IFRIC第22号(2016年12月8日公表)の概要については下記をご参照ください。
    2016年12月9日 IASBがIFRIC第22号「外貨建取引と前払・前受対価」を公表

このニュースレターは、概略的な内容を説明する目的で作成しています。この情報が個々のケースにそのまま適用できるとは限りません。したがいまして、具体的な決定を下される前に、PwCあらた有限責任監査法人の担当者にご確認されることをお勧めします。