ファンドニュース(16)「ファンド投資のモニタリング手法」を刊行

2012年に発生した年金資産消失事件を受けて、ファンド投資の信頼性の確保に向け、各業界においてさまざまな対応が検討されています。こうした社会の流れを受けて、あらた監査法人では、ファンド投資のモニタリングを行う上で必要な手法や重要な知識、スキーム、海外ファンドの仕組みや規制、また、SSAE16およびGIPS等の利用の仕方について、監査人としての視点から解説した書籍を発行しました。
ファンド投資を検討している方や実際に行っている方、さらにはファンドの運用を行っている方のみならずファンドの運用に広く関連する方にとって有用なものとなるよう基礎知識から平易に解説しています。

あらた監査法人が発行している書籍は、こちらからもご覧いただけます。
あらた監査法人「書籍」

ファンドニュース(16)ファンド投資のモニタリング手法