あらた監査法人からのご報告

当監査法人職員の業務用パソコンの盗難被害に関するお知らせ
この度、当監査法人の職員が使用する業務用パソコン1台が、盗難被害に遭いました。当該パソコンには、一部の関与先への業務提供を目的に収集・加工された個人情報を含むデータ等が保存されていることを確認いたしました。
このようなことが起こり、関与先およびそのお客様に、多大なご心配・ご迷惑をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。当法人では、今回の事態を真摯に受け止め、再発防止に全力を挙げてまいります。

1. 盗難経緯

2010年1月8日(金)夜に当監査法人の職員が出張先からの帰宅途中に業務用パソコンの入った鞄の盗難被害に遭いました。すでに所轄の警察署への盗難届の提出を済ませ、また、念のため周辺の公共交通機関等に拾得物としての届け出がないかの確認をしておりますが、現時点において当該パソコンは発見されておりません。なお、現在までのところ、本件に関する外部からの不審な問い合わせや情報が漏洩した事実等は確認されておりません。

2. 記録されていた個人データ

当該パソコンには、当該職員の関与先への業務提供を目的に収集・加工されたデータが保存されており、当該データの中には富士火災海上保険株式会社様および富士生命保険株式会社様のお客様データを含む63,805名(法人を含む)の個人データならびにその他4社分の社員データ6,191件が記録されておりました。富士火災海上保険株式会社様および富士生命保険株式会社様ならびにその他4社の責任者の方々には、本件についてご説明とお詫びを申し上げております。 なお、富士火災海上保険株式会社様のお客様データにつきましては、氏名・性別・契約内容・事故情報・証券番号等が保存されています(金融機関口座番号、カード情報は含まれておりません)。 また、富士生命保険株式会社様のお客様データにつきましては、氏名・契約内容・支払情報・証券番号等が保存されています(金融機関口座番号、カード情報は含まれておりません)。

3. 盗難被害に遭ったパソコンのセキュリティ対策について

当監査法人が職員に貸与するパソコンは、多段階のIDとパスワードによる認証、および世界標準の高度な暗号化方式を採用したハードディスクの暗号化など、厳重なセキュリティ対策により、経済産業省の個人情報ガイドラインが同省へのインシデント報告を不要とする条件である高度な暗号化等による秘匿化を実現しております。 これらの厳重なセキュリティ対策により、盗難されたパソコンから情報が外部に漏洩流出する可能性はきわめて低いものと考えております。

4. 再発防止策について

当監査法人ではこれまでにも、お預かりしている情報の大切さを十分に認識し、全ての社員および職員にパソコン管理手続きを徹底するよう指導してまいりました。しかしながら、当監査法人では今回の事態を厳粛に受け止め、改めて全ての社員および職員に当該手続きの更なる徹底の指示とセキュリティ研修等による教育を行い、再発防止に努めてまいります。

5. 本件に関するお問い合わせ先

本件に関するご質問がございましたら、お手数ですが、下記の窓口までご連絡いただきますようお願いいたします。

あらた監査法人 お問い合わせ窓口

電話番号: 0120-626-041(フリーダイヤル)
受付時間: 9:00-18:00(土・日・祝日を除く)

また、富士火災海上保険株式会社様および富士生命保険株式会社様のお客様におかれましては、お手数ですが、下記それぞれの窓口までご連絡をいただきますようお願いいたします。

富士火災海上保険株式会社 お客様お問い合わせ窓口

電話番号: 0120-228-021(フリーダイヤル)
受付時間: 9:00-18:00(土・日・祝日を除く)

富士生命保険株式会社 お客様お問い合わせ窓口

電話番号: 0120-228-015(フリーダイヤル)
受付時間: 9:00-18:00(土・日・祝日を除く)

以上