あらた監査法人 7月1日に業務を開始

View this page in: English

社会、市場、顧客企業から信頼を獲得できる監査法人を目指す

あらた監査法人は2006年7月1日、業務を開始いたしました。日本中から優れた人材を結集するとともに、常に新しいこころと行動でわが国の会計・監査をリードし、「あらた」が“新た”であり続けることで社会、市場、顧客企業から信頼を獲得できる監査法人を目指してまいります。

1. あらた監査法人のミッション

あらた監査法人は、卓越したサービスを提供するプロフェッショナル集団として、厳正かつ公正な高品質の監査を実施することにより、経済の健全な発展に寄与することをミッション(使命)としております。このミッション実現のため、あらた監査法人は、Integrity(誠実)、Intelligence(知性)、Innovation(革新)の3つの“In”を行動目標に掲げ、業務に邁進してまいります。

2. あらた監査法人の概要

法人名 あらた監査法人
設立年月日 2006年6月1日
代表者名 代表社員 岩下一隆
所在地 東京都港区芝5-37-8 住友三田ビル
(2006年9月1日より、港区芝浦4丁目 三田ツインビル東館)
人員構成 社員 8名
公認会計士・会計士補 67名
US CPA・その他専門職員 63名*
事務職員 16名
合計 154名
*PwCから派遣されたパートナー4名を含む
主な業務内容 監査業務(日本基準監査、海外基準監査、その他任意監査)
その他アシュアランスおよびアシュアランス関連業務(コンプライアンス
関連業務、内部監査支援業務、内部統制構築支援に関するアドバイス、
リスク・マネジメントに関するアドバイス、デューデリジェンスサービス等)

3. 今後の取り組み

あらた監査法人は、社会からの期待とニーズに応えるべく、国内企業および国際企業の双方の業務を積極的に手がけ、会計および監査業務に関する全ての業務に加え、企業改革法(サーベンス・オクスレー法)第404条の規定に従った報告や内部統制に関する助言等の業務を行っていきます。このため、引き続き陣容の拡充および経営体制や組織編制の整備に努めており、今後、新経営体制の発足と新組織の導入を決議するべく準備を進めているほか、採用活動の強化を通じて、2006年12月までに総勢800人体制(うち、社員80名)の確立を目指しております。また、現時点での事業所は東京のみとなっていますが、今後社会のニーズに応じて順次地域展開していく予定です。

あらた監査法人は、PwCのメンバー・ファームとして、会計および監査においてPwCの手法に完全に準拠した国際的なベスト・プラクティスを採用します。そして、PwCのグローバル・ネットワークで培われた経験、専門知識、リソースを最大限に活用し、日本において国内企業および国際企業に対して、国際水準の高品質の監査を提供してまいります。同時にあらた監査法人は、PwCグローバルネットワークの運営にも積極的に参画してまいります。

お問い合わせ
ギャビン・アンダーソン・アンド・カンパニー
東 光伸、今井真紀子
電話: 03-5404-0640