農業

わが国の農業を取り巻く環境

現在、わが国の農業は、農業従事者の高齢化に伴う後継者問題および耕作放棄地の増加や、農地の分散化などの課題に直面しています。また、農業産出額8.5兆円(2013年)は、1984年の11.7兆円をピークに長期低下傾向にあります。

2014年6月13日公表の規制改革会議第2次答申は、このような日本農業の現状に対する強い危機感の下、農地中間管理機構による農地の流動化・集約化や、農業生産法人制度の見直しによる株式会社の農業参入に促進などを提言し、農業の成長産業化を目指すこととしています。

特に農業生産法人については、企業の農業参入のさらなる自由化や農業の担い手の多様化などにより、法人経営体の数を今後10年間で5万法人とする(2014年1月現在、14,333法人)ことを政府は目指しています。

PwCあらた有限責任監査法人のサービス

PwCあらた有限責任監査法人の農業ビジネス支援室は、農業生産法人の経営の安定化と活性化がわが国の農業の発展に不可欠であると理解しています。具体的には、従来のプロダクトアウト型(作ったものを売る)からマーケットイン型(売れるものを作る)へ転換したビジネスとしての農業を志向し、法人経営を高度化、効率化することで「儲かる農業」を目指す、意欲ある法人経営者および農業関係者をサポートします。

課題 サービス例
  • マーケットイン型農業への取り組み
  • 販路開拓支援
  • 6次産業化支援
  • 海外展開サポート
  • 法人経営の高度化、効率化
  • 事業計画策定支援
  • 原価管理支援
  • 会計システム導入・運用支援
  • 人材・労務管理効率化支援
  • 円滑な事業承継など
  • 事業承継アドバイザリー
  • 不採算法人の再生支援
  • デューデリジェンスサービス