品質管理

View this page in: English

PwCあらた有限責任監査法人は、業務品質を常に最優先事項としています。

法令を遵守し、わが国の監査基準およびPwCグローバルネットワークが採用する品質管理基準に全面準拠しています。また、当法人の全員がビジネスに対する洞察力を駆使し、当事者意識を持つことを常に心がけています。これにより、監査プロセスを適正化し、業務品質のさらなる向上を図り、ステークホルダーにとって高品質な監査を提供します。

国際水準の監査アプローチ”PwC Audit”

PwCあらた有限責任監査法人の監査チームは、監査業務実施に当たり、わが国の監査の基準ならびにPwCが世界で共通して採用する監査アプローチであるPwC Auditに準拠しています。PwC Auditは、国際監査基準(ISA)に基づいて策定されており、これに加えて、PwCとして培ったノウハウを基にして開発された具体的な方針およびガイダンスが設けられています。

PwC Auditによる監査アプローチにおいて、基本的かつ最も重要な要素は適切な監査リスクの評価です。PwCあらた有限責任監査法人では、監査計画の立案時に始まり、監査報告書を発行するまでの全過程を通じ、継続して監査リスクの識別および評価を行い、これに適切に対応した監査手続を実施します。適切な監査リスクの識別およびその評価を行うため、PwCあらた有限責任監査法人では、被監査会社の事業プロセスについて上流から下流まで一貫して理解することを重視しています。こうした徹底した理解に基づく監査リスクの識別およびその評価を行うことにより、当該被監査会社固有の事実と状況に応じた適切な監査手続を実施することが可能となります。

監査におけるテクノロジーの活用

IT 技術を活用した効率性かつ一貫した品質の確保—「Aura(オーラ)」

PwC Auditにおける監査アプローチは、PwCが世界全体で全ての監査業務において使用している電子監査調書システムである「Aura」に組み込まれています。Auraによって、監査リスクおよび当該リスクに対応するために必要な手続などが明確化されています。また、Auraには、監査実施に関するガイダンスが包括的に組み込まれている他、総合的なプロジェクト管理に役立つ機能が組み込まれています。これによって、監査チームがわが国の監査の基準およびPwC Auditに準拠した監査業務を効果的かつ効率的に実施することが可能となります。

IT 技術を活用した効率性かつ一貫した品質の確保—「Aura(オーラ)」

データ分析を活用した監査ツール—「Halo(ヘイロー)」

高品質な監査が求められる中、情報技術の発達に合わせて監査も進化する必要があります。PwCあらた有限責任監査法人は、データ分析をより有効に活用し検証するためのプロセスおよびツールの開発を戦略的に行っています。
PwCのデータ利用監査ツールである「Halo for journals」は、コンピュータ利用監査技法(CAAT)による仕訳データの分析をより効果的かつ効率的に、そしてより視覚的に実施する新しいツールです。
Halo for journalsを利用することにより年間を通じていつでもデータの分析が可能となるため、監査終了間際に大量のデータ分析とそれに関連する監査手続を実施することがなくなり、また、監査終了間際のサプライズをなくし、監査完了までスムーズに手続を進めることができます。

データ分析を活用した監査ツール—「Halo(ヘイロー)」

効率的かつ安全な情報交換ツール—「Connect(コネクト)」

「Connect」は、被監査会社と監査チームが適時に、効率的かつ網羅的な情報交換を安全に行うためのツールです。具体的には、監査チームが、監査に関連する依頼資料などのリストをConnect上で作成することにより、被監査会社への資料依頼を行います。被監査会社は、Connectに直接アクセスし、該当資料をConnect上に保存します。
被監査会社も監査チームも、いつでもどこからでもConnect上の必要な情報にアクセスできます。
また、Connectでは、従来、被監査会社と監査チームの協力により手作業で行っていた依頼資料の管理を、より効率的かつ網羅的に行うことが可能です。

効率的かつ安全な情報交換ツール—「Connect(コネクト)」

品質を支える組織体制

個々の監査業務は、知識・経験を踏まえて編成された監査チームにより実施され、監査責任者であるパートナーがその品質について責任を負います。

これに加えてPwCあらた有限責任監査法人では、監査チームによる品質管理の取り組みを支え、法人全体として一貫した高い水準の監査品質を維持するための組織体制(3つのディフェンスライン)を設け、継続的な品質の維持向上に取り組んでいます。

業種に特化した組織(第1のディフェンスライン)

PwCあらた有限責任監査法人は、PwCグローバルネットワークと整合性を保ち、連携しながら、知見・経験・人材を最大限に活用し、リスクおよび品質管理の実効性を上げるため、業種別に特化した部門を組成した上で、各部門内で国内外の業務を遂行しています。

品質管理本部によるサポート(第2のディフェンスライン)

PwCあらた有限責任監査法人では、監査チームがわが国の法令、監査の基準およびPwCの品質管理方針を遵守するに当たって、これをモニタリングし、また、支援する組織として品質管理本部およびリスク管理・コンプライアンス室を設置しています。

PwC グローバル共通のレビュー(第3のディフェンスライン)

PwCあらた有限責任監査法人では、品質管理本部が中心となって、PwCあらた有限責任監査法人の品質管理のシステムおよび個々の監査業務の実施状況を監視しています。この監視活動には、PwCが世界統一で採用する品質管理レビューの仕組みである Global Assurance Quality Review(GAQR)を活用した定期的な有効性評価が含まれます。これにより、監査チームがPwC世界標準の品質をもって監査を実施していることを検証しています。

当法人が共有すべき価値観および行動様式(PwC Experience)

会計監査の品質を持続的に向上させていくための取り組み

監査品質に関する報告書‐Transparency Report」において、PwCあらた有限責任監査法人の会計監査の品質を持続的に向上させていくための取り組みをご紹介しています。