組織とガバナンス

View this page in: English

組織

社員総会

当法人の最高の意思決定機関として、定款の規定により定められた事項の決議を行います。社員総会はパートナー全員をもって構成されます。

経営委員会

経営委員会は代表執行役、執行役副代表およびその他の執行役によって構成され、当法人の経営全般に責任を負います。
代表執行役は経営委員会を統括するとともに、当法人における品質管理の仕組みに関する最終的な責任を負います。

代表執行役、執行役副代表およびその他の執行役は以下のとおりです。

代表執行役: 木村 浩一郎
執行役副代表: 木内 仁志
執行役常務 品質管理担当: 井野 貴章
執行役常務 金融ビジネス/戦略・企画担当: 出澤 尚
執行役常務 製造・流通・サービス担当: 加藤 真美
執行役常務 マーケット統括: 齊藤 剛

監視委員会

監視委員会は経営委員会が策定する経営の方針およびその運営を監視し、透明性の高いガバナンスを実践します。監視委員会は社員8名から構成され、R&Q監視委員会(法人の品質・リスク管理活動全般を独立した立場から監視)、社員評価委員会、監査委員会(法人の業務執行に係る内部監査を担当)、指名委員会(代表執行役候補者を指名)を通じて活動します。

公益監督委員会(PIB)

公益監督委員会は、社外有識者と当法人の監視委員会議長、代表執行役で構成し、監査品質を高めるための取り組みを監督し、経営委員会に対して助言・提言を行います。