中国ビジネス進出支援サービス

日系企業の中国ビジネス構造の変化

近年、日本企業の積極的な海外進出や新興国市場拡大の取り組みの中で、重要な位置づけとなるのが中国です。特に、さらなる市場獲得やオペレーション規模の拡大に伴い、中国への投資、M&A、現地成長戦略、地域統括会社などの見直しが不可欠となっています。日系企業の特徴的な企業文化、運営方法や現地の法制度、商習慣、文化を適切に融合した業務基盤整備、従業員報酬制度の見直し、より高度な経営の見える化などが求められてきています。このような状況下、中国進出を会計、税務面のみならず、M&A、市場拡大戦略、最適な機能再配置と現地化推進などのあらゆる視点における柔軟かつ臨機に対応でき、高いサービスレベルで経営活動やプロジェクト活動を支援できるコンサルティングサービスが求められています。

日系企業支援チーム(Japan Business Network)

日系企業支援チーム(Japan Business Network:JBN)は、現在中国で事業を展開している、もしくは今後事業展開を検討/予定している日系企業を対象にした海外進出支援および現地改善支援(マネジメントコンサルティングおよびITソリューションサービス)のコンタクトポイントとして、日本人コンサルタントが日系企業からのさまざまな要望に対応します。また、日系企業特有の需要や要求に合わせて、PwC中国の総勢13,000名のプロフェッショナルスタッフと共に、中国および日本で有するビジネス上の経験と専門性が高いビジネスソリューションを、日系企業が求めるサービス品質で提供します。くわえてJBNの日本人コンサルタントが各企業の品質ニーズに合わせてプロジェクトに参画することで、プロジェクト関与者の相互理解を深め、日本人経営者や本社が求める水準でプロジェクトを遂行させ、日系企業が期待するプロジェクト成果を導き出します。

また、日本本社からの問い合わせに対応するため、プライスウォーターハウスクーパース株式会社内に、JBNも設置しています。

 
 ページトップへ