戦略的バリュエーションアドバイス

View this page in: English

コーポレートガバナンスに脚光があたりつつある昨今において、投資家は、経営陣が採用した戦略、当該戦略にかかるリスク、および中長期的に経営陣が創出した価値への注視をますます強めています。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、経営陣が価値向上の意思決定ができるよう支援することを目的として、事業ポートフォリオ、投資、非中核事業にかかる資産、知的財産および資本構成に関する知見および解決策を提供します。

以下の場合にはご相談ください

  • どの事業が資本コストを超過するリターンを創出しているか(そしてより重要なのは、どの事業がそうではないか)を把握したいとき
  • 余剰資金の有効活用を検討しているとき(有利子負債の返済、自社株買い、M&A、新規投資等)
  • ターゲットリターンとの比較に際し、さまざまな事業の資本コストを把握する必要があるとき
  • 株式市場において会社が適正に評価されていない(過小評価されている、株価が安い)と考えており、その「バリューギャップ」を埋めたいとき

当社のサービス

事業セグメント別の価値分析
事業の過去実績に関する分析および将来予測のための詳細なモデルを構築することにより、当社は、クライアントが各事業セグメントの価値に影響をもたらす重要なドライバーおよび事業間の重要な関連性を特定する支援を行います。また、事業ポートフォリオの中でどの事業が資本コストを超過するリターンを創出し、どの事業がそうではないかについて、経営陣の理解を促進します。そのような分析は、資本および資源の配分にかかるよりよい戦略的意思決定のために活用されます。
資本コスト
経営陣にとって、自社の資本コストを把握することは、価値向上に資する投資を決断する上で非常に重要です。当社は、全社レベル、地域別、または事業セグメント別といったさまざまな切り口で、資本コストの推計を支援します。
資本配分の決定
当社は、潜在的なプロジェクトや投資機会の価値分析を支援します。価値分析においては、最も効率的で価値向上に資する方法で、新規または既存の資金をどのように配分するかを目的とした分析を行います。また、当社は、価値向上の観点から、余剰資金の最も有効な活用方法についてもアドバイスします。
バリューギャップ分析
多くの経営陣が、明言はしないものの、自社株は市場で過小評価されていると考えています。同時に、そのような主張をサポートし、バリューギャップを埋めるための手段(ツール)が不足していると考えています。当社は、詳細な株式市場のリサーチとクライアントの価値分析を行うことにより、バリューギャップを埋めるアクションが取れるよう、クライアントがバリューギャップを定量化し、ギャップが生じている理由を理解する支援をします。このプロセスにおいては、市場参加者がクライアントの価値を正確に理解するための鍵となる情報を特定し、それを適切に開示することができるよう経営陣を支援します。
 
 ページトップへ