民間セクター向け案件応札支援サービス

豊富な経験を生かし、PPP市場への参入を検討する企業様の入札プロセス全体を包括的に支援します。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、民間セクターの数多くのクライアント向けに、官民パートナーシップ(PPP)分野における市場参入戦略の策定支援をはじめ、個別のPPP/PFI案件への応札支援サービスを行ってきました。サービスの内容は、新規参入に向けてのPPP/PFI市場の調査から、具体的案件での支援としての、コンソーシアム組成の支援、収支モデルの作成支援、資金調達に関するアドバイス、提案書の作成支援といった落札前業務、さらには案件落札後の諸契約に関連する交渉面での支援や資金調達・収支管理の支援まで、あらゆる範囲に及んでいます。

これまでの50件以上に及ぶ実績を通じ、市場参入の検討段階からPPP分野での入札プロセス全体を包括的に支援します。

主なサービスの内容は以下のとおりです。

PPP市場参入支援

  • 公共セクターに対する新たな事業方式などの提案の共同検討、フィジビリティスタディの実施、およびプロポーザル策定支援
  • 国内公共セクター関連ビジネスへの新規参入を行うにあたっての市場調査
  • 外資企業と協調した国内公共セクター関連ビジネスへの参入に関する支援

PFIなどの入札支援および実施支援

落札前提供サービス

事業実施の全体像立案についての支援

税務・会計・ファイナンスの専門知識を生かし、株主に最適な事業計画の策定を支援します。

  • SPC設立方式の検討(会社形態/出資方法/出資割合など)
  • 契約ストラクチャーの検討(下請・保証関係など)
  • SPCオフバランスシート対策の検討
  • ファイナンスリースの適用検討

リスクマネジメント

中立的第三者として、入札グループ(コンソーシアム)のリスク分担の調整を支援します。

  • 事業リスクの洗出しとリスク軽減策・分担の検討
  • 入札前協定書の作成支援

キャッシュフロー分析

経験豊富な専門スタッフが緻密で分りやすいキャッシュフローモデルの作成を支援。膨大な作業負担を軽減します。

  • 前提条件の想定(ファイナンス条件・配当戦略など)
  • キャッシュフローモデルの作成
  • 感度分析(オプション検討、ストレステストなど)

プロジェクトファイナンス調達の支援

金融機関でのプロジェクトファイナンス組成経験があり、多様な金融機関へのアクセスを持つスタッフが、金融機関との交渉を円滑にリード。競争力のあるファイナンス条件の引出をお手伝いします。

  • 金融機関との協議の窓口代行
  • ファイナンスストラクチャーの検討
  • 金融機関向け開示資料作成・アプローチ・選定支援
  • タームシート作成・ファイナンス条件の協議
  • 関心表明書・コミットメントレター取得支援

提案書作成支援

公共セクターの考え方・評価の視点についての知見を持ったスタッフが、アピール力のある提案の作成を支援します。

  • 入札公告資料などのレビューおよび質問作成支援
  • 提案作成戦略構築支援
  • 提案書作成支援
  • 提案書検討プロセスのマネジメント
  • キャッシュフローモデルを用いた提案金額の取りまとめ/算定作業

落札後提供サービス

特別目的会社(SPC)設立プロセスの支援

落札後実務の豊富な経験を生かし、確実な事業実施体制の迅速な構築を支援します。

  • 定款・株主間協定などの内容検討支援(PFI固有のビジネスの観点から)
  • SPC業務運営体制アドバイス

事業契約締結・プロジェクトファイナンス契約締結の支援

専門知識と経験に裏打ちされた適格な支援を行います。

  • 事業契約の交渉支援
  • 金融機関との融資契約詳細条件の協議支援
  • 融資実行までの対金融機関での諸手続の支援

収支計画 vs 実績のフォロー支援

実務経験豊富なスタッフが、落札前段階のフィナンシャルモデルをプロジェクト管理ツールに展開していきます。

  • 入札時作成の収支計画の組み換え支援
    • 決算資料との整合・調整
    • 月次化・四半期次化
  • 関係者(公認会計士・本社経理など)との調整支援
  • 定期的な計画 vs 実績のフォロー支援
  • 対公共への財務関連報告書作成支援
  • 対金融機関への財務関連報告書支援

金融機関など交渉支援

プロジェクトの実行フェーズに不可避的に発生する金融機関との契約変更などの交渉について、段取りも含め支援します。

  • 予・実算差発生時の金融機関への諸説明支援
  • 非定例の説明事項発生時の金融機関への諸説明支援
 
 ページトップへ