PPP・PFI・民営化アドバイザリー

豊富な経験および中立的・独立性のある立場を生かし、公共サービスにおける真のVFM向上を支援します。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国や地方公共団体など公共セクターの数多くのクライアント向けに、PPP(官民パートナーシップ)事業の構築・導入戦略策定支援をはじめ、個別のPFI/ PPP案件における導入可能性調査から事業者選定支援、モニタリング支援などのサービスを継続的に行ってきました。
サービスの内容は、各公共セクターにおけるPPP導入のあり方の検討から、具体的案件での支援として、PFIや指定管理者制度の活用など具体的な事業手法の検討支援、可能性調査などによる事業スキームの検討・構築、VFM(Value for Money)の算定支援、事業者募集にあたっての各種資料の作成支援、各応募者の提案の整理・分析の支援、といった事業者の選定に至る業務、さらには事業者決定後の契約・協議面での支援や事業契約締結後の財務面を中心としたモニタリングの支援まで、多岐に及んでいます。

これまでの国や地方公共団体などへの豊富な支援実績を生かし、効果的なPPPの構築・導入による公共サービスの真のVFM向上に寄与できる支援を行います。

主なサービスの内容は、以下のとおりです。

PFI/PPP手法導入可能性調査の支援

  • 各手法の導入可能性調査の支援(PFI手法・指定管理者制度など)
  • 基本構想・基本計画などの策定、ガイドラインの作成支援

事業者選定の支援(PFI/PPPアドバイザリー)

事業スキームの構築・VFMの評価支援

  • 官民の業務分担・リスク分担など事業スキームの検討
  • コンセッションなど方式の検討
  • 市場調査(企業・金融機関の関心、資金調達条件など)
  • 多様な事業スキームにおけるVFMの比較・検討支援

事業者選定にかかわる支援

  • 実施方針・公募書類作成支援
  • 民間事業者との競争的対話実施支援
  • 事業者選定方法・評価基準の設計支援
  • 事業者選定支援(審査委員会の運営・提案評価支援、財務面における各種分析)

事業者との契約条件などの検討および締結の支援

  • 事業契約書・直接協定などの構成・条件の検討支援
  • 事業契約および金融機関などとの直接協定締結に向けた協議支援

事業者選定後のモニタリング実施の支援

契約管理支援、財務モニタリング支援

  • 提案内容の達成にかかわる各種契約の確認支援
  • モニタリング評価基準の作成支援およびサービス水準・財務状況の確認支援

事業内容などの変更にかかわる協議の支援

  • 変更内容の影響分析支援
  • 契約変更などに向けた協議支援
 
 ページトップへ