PPP(官民パートナーシップ)・インフラ

政府と企業をつなぐ核として、活力あふれる日本の創造と世界の都市インフラ構築に貢献します。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、1999年のPFI法施行以来、PFI市場の創設と発展に深く携わり、PFI制度の設計支援や数多くの先導的プロジェクトの支援を行ってきました。厳しい財政状況や人口の減少が進みさらなる行政サービスの再構築が問われる中、国内においてはPFI・PPPアドバイザリーサービスや公共経営アドバイザリーを提供しています。また、コンセッション方式の導入や海外へのインフラ輸出の推進など、変化を遂げようとしているわが国の市場において、PwCのグローバルネットワーを通じて蓄積したPFI/PPPノウハウを活用し、官民双方に対して先進的かつ高度なアドバイザリーサービスを提供します。

PPP・PFI・民営化アドバイザリー

  • 基本計画・構想策定、PFI・PPP手法の導入可能性の調査
  • 事業スキームの構築、VFM(Value for Money)の算定、事業者選定、契約締結支援などのアドバイザリー業務
  • PFI・PPP導入後の契約管理/モニタリング実施支援

公共経営アドバイザリー

  • 国、地方公共団体などの経営分析、戦略策定および経営改善支援
  • 戦略実現に向けた経営計画、各種施策の策定支援
  • 行財政改革の具体施策の策定および実行支援
  • マネジメント手法の導入および実施支援

民間応札支援(コンセッション/PPP/PFI/DBO)

  • コンセッション/PPP/PFI/DBOの市場参入支援
  • コンセッション/PPP/PFI/DBOの入札および実施支援

海外プロジェクト支援

  • 公的機関の海外プロジェクトにかかる支援金融機関の海外プロジェクトへの出融資支援(プロジェクトファイナンスなど)
  • 日本企業の海外PPP・PFIプロジェクトへの入札参画支援
 
 ページトップへ