ライセンスマネジメント

特許、商標、著作権などの知的財産権は、企業の重要な収益源であり、戦略的なマネジメントの必要性が高まっています。とりわけ、ライセンスを供与しロイヤリティ収入を得ることは、知的財産権の戦略的活用手段として多くの会社が利用している手法ですが、ロイヤリティ計算の適正性を巡り多くの問題が生じています。

当社のライセンス・マネジメント・サービスでは、ライセンス契約に基づくライセンス料の収益が適切に記録・報告されているかを検査し、ライセンス供与者・受領者の契約に関する理解の違いなどを明らかにすることで、ライセンスビジネスにおける良好な関係作りと信頼関係の醸成を支援します。

ライセンス検査(ロイヤリティ監査)

製造技術、ソフトウェア使用、ブランド・商標、OEMなど、他社とライセンス契約を締結してライセンスを供与する場合、相手企業からライセンス料・ロイヤリティを受け取りますが、その支払額の計算・報告はライセンス供与先企業が自ら行う場合がほとんどであり、ライセンス料の過小報告とそれに伴うライセンス料の未払いが見過ごされている場合があります。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のフォレンジックサービスは、電機・ソフトウェア・製薬・化学など数多くの業界で豊富なライセンス検査の経験を持ち、ライセンスを供与された企業におけるロイヤリティの算出および納付にかかわるフィールド調査のサービスを提供します。

ライセンス検査を行うにあたり、ビジネス形態やライセンスの特性、報告漏れの可能性のある分野や重要なポイントをライセンス供与者(ライセンサー)と事前によく相談した上で現地視察に臨みますので、効率よく検査を行うことが可能です。

ライセンス検査によって発見したロイヤリティ過小報告の事例

【人為的ミス】

  • 対象製品の登録ミス、誤った単価情報・ロイヤリティ率の使用等
  • ロイヤリティ計算の過程の不備

【契約書の解釈の相違や誤解】

  • 本来はロイヤリティ計算の対象とするべきサンプル出荷品を報告対象から除外
  • 親子会社間取引の販売価格は市場価格にて再計算するべきところを、内部取引価格で計算
  • 生産数量で計算するべきところを、売上数量で計算
  • ライセンス対象品の附属品の販売額を報告額から除外
  • 計算において控除項目である輸送費を異なる範囲で適用

【故意による過小報告】

  • 意図的な売上隠ぺいによる過小報告
  • ライセンスの無断使用、無断によるサブライセンス

海外ライセンシーに対するライセンス検査

当社のフォレンジックサービスでは、グローバルネットワークを生かして、海外でもライセンス検査を多く行ってきました。例えば、ライセンスを保有する日本企業が、海外企業に対してライセンスを供与している場合には、PwC現地法人のスタッフとプロジェクトチームを組み、海外現地でライセンス検査を行い、クライアントに対して検査結果を詳しくご報告します。アジア各国をはじめ、米国、欧州でも多くの経験を有しています。

 
 ページトップへ