フォレンジックサービス

不正調査

不正調査

不正行為に対する社内の備えは十分ですか? もしあなたの会社で、「粉飾」や「横領」が起きてしまったら・・・原因は?損害額は?不正行為が発覚した場合には、損害を最小化するために迅速な調査が重要です。

贈収賄・汚職および競争法

贈収賄・汚職および競争法

贈収賄・汚職や競争法違反を許さない体制ができていますか・・・?海外子会社に対するリスク評価や研修を行っていますか・・・?
規制当局により違反が摘発された場合、多額の課徴金を支払うリスクがあります。

eディスカバリー(電子証拠開示)

eディスカバリー(電子証拠開示)

これまでに海外訴訟の経験はありますか・・・?
海外訴訟でのeディスカバリーへの対応を誤ると、訴訟結果に大きな影響を与える可能性があります。
デジタルフォレンジック
現在、情報の大部分が電子データの形で保存されています。真実を知るためには電子データの調査は欠かせません。

データ分析

データ分析

不正の兆候に気付いていますか・・・?
組織内部で不正が発覚した場合、その対応には多額のコストと時間を要し、会社の信用を傷つける可能性すらあります。データ分析により、不正の兆候を発見できるかもしれません。

ロイヤリティ監査

ロイヤリティ監査

会社のライセンス契約を有効に活用し、ライセンシーから適切にロイヤリティ(対価)を受け取っていますか・・・?
知的財産権は今や企業の重要な収益源であり、あなたの会社の将来を大きく変える可能性があります。

その他のサービス

その他のサービス

PwCフォレンジックサービスでは、このほかに「契約遵守コンプライアンス」、「係争分析・係争支援」、「保険金求償支援」など、多様なサービスを提供しています。

 
 

PwCフォレンジック Topics

PwCフォレンジックに関連する最新のトピックスを掲載しています。

 

フォレンジックサービスとは

パンフレット

Forensic Services
フォレンジックサービス

 

調査・レポート

PwCフォレンジックで発行する最新の調査報告、レポートを掲載しています。

調査/レポート一覧はこちら

 

eディスカバリー通信

PwCフォレンジックで発行するeディスカバリー関連情報を掲載しています。

 

お問い合わせ

佐々木 健仁
パートナー
PwC Japan
フォレンジックリーダー
 
ホンマ シン
ディレクター
PwC Japan
フォレンジックサブリーダー
 
池田 雄一
シニアマネージャー
 

PwC Japanフォレンジックサービス

 
 ページトップへ