eディスカバリー/フォレンジックテクノロジー関連サービス

現在のビジネス環境では、90%以上の情報がパソコンなどの電子媒体を使用して作成され保存されています。コンピュータ技術の発展により、数テラバイトの量に及ぶ電子メールや文書ファイルの保存が可能になり、電子データの蓄積量は膨大に膨れ上がっています。これら膨大な電子データを効率的に収集・分析する場合に、プライスウォーターハウスクーパース株式会社のフォレンジック・テクノロジー・ソリューションズが支援します。

Eディスカバリー支援

米国における訴訟などでは、証拠提出の際に大量の電子データの提出が求められる場合があります。提出にあたっては改ざんが容易な電子情報(電子メール、電子ファイルなど)を証拠能力が失われないようフォレンジックテクノロジーを使用し保全すること(Eディスカバリー)が求められます。当社のフォレンジックサービスでは、世界各地にある科学調査のためのラボや、最新の専門技術を用いるIT技術者で構成されるフォレンジック・テクノロジー・ソリューションズ(FTS)チームが、訴訟に必要なさまざまな電子情報の効率的な発見・取得・保全・分析・処理など行い、効率的な訴訟の遂行・対応を支援します。

サービス事例

  • 集団訴訟における証拠保全・提出準備
  • 価格カルテル、独禁法違反に関する証拠保全・提出準備

その他フォレンジックテクノロジー関連サービス

証拠保全や調査において広く活用されるフォレンジックテクノロジーは、データ分析等においてビジネスの改善に資することがあります。グローバルの経験や知識、人材を活用して、クライアントのニーズに合わせた柔軟なサービス提供が可能です。

 
 ページトップへ