その他のサービス

その他のサービス

昨今の多様な企業活動やクロスボーダー取引の増加は、企業にとってはビジネスチャンスである一方で、そこには多種多様なリスクが潜在し、また、多くの規制などの遵守が求められます。

フォレンジックサービスは、クライアント皆様が直面するリスクやご要望に柔軟に対応し、さまざまなサービスを提供します。契約の遵守に関するモニタリングや係争分析・係争支援、保険金請求支援、環境関連・原料偽装などの法令違反に関する調査なども、私たちが提供する数あるサービスの中の一つです。

契約の遵守に関するモニタリング

企業間の事業提携や国境を越えた合弁事業(ジョイントベンチャー)、資本提携などによって、今日の事業活動は業種を問わず複雑化・多様化しています。しかしながら、地理的、言語的、文化的な要因などによって、ビジネスパートナーと意思疎通がうまくいかなかったり、投資事業に対して十分な管理が行き届かなかったりする事例も見受けられます。こうした事業管理体制の不備やビジネスパートナーとのコミュニケーション不足により、知らない間に大きな不利益を被ることがあります。

例えば、海外現地企業との合弁事業において、現地企業に事業運営を任せていた結果、合弁事業体の人員・設備が合弁相手先の現地企業の事業運営に供されており、合弁事業体の製品ライセンスも無断で使用されていたというケースがあります。

フォレンジックサービスでは、契約上の監査権限に基づき、契約遵守についての監査(契約コンプライアンス監査)を行っています。独立した第三者によって、ビジネスパートナーが契約に定められた方法で適切に事業や取引を行っているかを確認することで、今まで気づかなかった契約の不履行や契約内容の解釈の違いなどを発見することができます。また、海外の複数の国にまたがる複雑な契約に対しても、PwCのグローバルネットワークを活用した効果的かつ効率的な調査を実施することが可能です。

契約コンプライアンス監査における事例

契約コンプライアンス監査における事例

係争分析・係争支援サービス

近年、日本企業が海外企業からの訴訟に巻き込まれるケースや、逆に日本企業が海外企業を訴えるケースが増加しつつあります。また、これまで日本企業の間で発生した係争は多くの場合、企業間の和解で解決していましたが、近年は解決策を訴訟に求めるケースも見受けられます。

紛争や訴訟に直面した場合、実質的なコストとして、損害賠償額、訴訟費用や弁護士費用、調査費用などがあります。しかし、そのほかの機会損失による収益の損失や、レピュテーションによる損失も軽視できません。企業間紛争や訴訟において、発生のダメージを最小限にするためには、適切な証拠の収集、適切な損害金額の算定、そしてこれらの有用な情報をいかに活用するかという戦略が不可欠です。

フォレンジックサービスでは、訴訟の戦略や事前準備に関する助言とサポートを行っています。また、裁判に有用な証拠資料の収集を行うとともに、独立した専門家としての立場から、証拠の検証と分析、損害金額の算定などのサポートを行うことが可能です。

係争分析および係争支援分野において、PwCではこれまで蓄積された豊富な経験とノウハウを有しています。また、サポートにあたっては多様な業界に精通した人材やPwCのグローバルネットワーク、そして会計、IT、不動産評価、知的財産評価などさまざまな分野の専門家の知識と経験を結集してクライアントをサポートしています。

サービス例

  • 商事、知的財産、国際取引などの紛争・係争解決の支援
  • グローバルネットワークによるクロスボーダーの係争支援
  • eディスカバリーをはじめ訴訟に関する証拠保全や関連業務の支援
  • 訴訟事案に関する情報収集および損害金額の算定支援

災害に対して、事前に完全な対策を立てることは不可能です。災害が起きた場合、企業は混乱した状況の中で損害を最小限にとどめ、できる限り早く通常業務を開始し、必要な諸手続きを行う必要があります。しかし、被災し損害を被った場合、損害額の算定や保険金請求などを迅速に準備できる専門家や経験者を社内に持つ企業はそれほど多くありません。保険会社は査定手続きの専門家を多く抱えていますが、彼らは保険会社に雇用されているため中立的な立場とは言い難く、企業は保険金請求の際の損害査定において不利な立場に立たされる場合があります。

フォレンジックサービスは、クライアントに対して保険対象損失額の算定および保険金請求の支援を行います。算定方法は客観的かつ証明可能であることを第一とし、算定根拠となる証憑の収集を並行して行います。損害保険、利益保険、包括賠償責任保険、生産物賠償責任保険、専門職業賠償責任保険、過失怠慢責任保険、会社役員賠償責任保険、サイバーリスク保険、契約責任保険、環境汚染賠償責任保険、労働災害補償保険などに関する損失額の算定と被った損失の立証を支援します。

サービス例

  • 保険証券に基づいた、請求対象となる損害、事業中断による損失額の算出
  • 保険金の請求から受領までの手続きを円滑に進めるための添付書類などのアドバイス
  • 保険請求に関する保険会社との交渉支援
  • 環境関連・原料偽装などの法令違反に関する調査

近年、排出基準などの超過や測定データの改ざん問題、再生紙・再生プラスティックなどの環境配慮製品の偽装問題などの環境関連の不祥事や「原材料偽装」「産地偽装」「消費期限偽装」などの不正競争防止法違反の問題などが世間をにぎわせました。そして、問題発覚時に適切な対応を怠ったことから廃業に追い込まれる企業もみられました。これらの問題に対しては、発生を未然に防止する仕組み・態勢構築が重要ですが、万が一問題が発覚した場合に、適切な対応をとることが企業の存続のために必要不可欠です。フォレンジックサービスは、高度な専門性が求められる不正・不祥事発生時の対応に関し総合的に支援します。

サービス例

  • 販売製品の原料表示偽装に関する調査
  • リコール対象基準に関する調査
 
 ページトップへ