事業分離(カーブアウト)

事業分離においては、分離後の事業モデルや事業運営の最適化を見据えた上で、対象を選定し、事業分離を実行することが重要です。プライスウォーターハウスクーパース株式会社のM&A支援専門チームは、クライアントが買い手の場合、売り手の場合、それぞれ最善の方法を選択し、実行できるよう支援します。

事業分離アプローチで重視する要素

  • ポストディールにおける対象事業の目的に合ったスタンドアローン事業モデルの設計
  • 分離事業の業務の継続性を重視したオペレーション、IT領域を含む事業分離計画の策定
  • Day1以降の業務遂行を円滑にするために必要な売り手・買い手間のサービス提供契約の検討

事業分離後において想定される課題(例)
事業分離後において想定される課題(例)
画像をクリックすると拡大します

当社は、さまざまな業界や業種に対して、比較的単純なものから、非常に複雑なものまで、売り手・買い手それぞれに多様な事業分離プロジェクトを支援した経験があります。そして、事業分離において検討すべきポイントとそれらが価値実現に及ぼす影響を、売り手・買い手双方の視点で十分に理解しています。

   
 
 ページトップへ