ITデューデリジェンス/ディール後のIT統合サービス(PMI)

ITデューデリジェンス

ITデューデリジェンスにより、いかにディール価値を向上させるか

ビジネスオペレーション、情報管理および財務リポート等の作業がITに依存する今日において、M&Aの検証にITが重要な検証項目の一つとなります。ITは、大きな支出項目であるため、経営者は、IT資産の価値を最大に引き出し、有効に活用する方法を見つける必要があります。

  • 買い手は、現在のIT資産が継続的に十分にビジネスをサポートできるかを知りたがっています
  • 買い手は、ビジネスの売り上げを維持するために必要なIT投資およびその費用算出の根拠となる情報を必要としています。
  • 売り手は、可能な限り高く売りたいので、業務処理に関連するITの問題点を確認し、それを軽減したり問題解決にあたる事により、買い手のリスクを下げ、適切な売値を出そうとします。
  • 売り手および買い手の双方共、ビジネスオペレーションの移転および移行に関する影響を最小限に抑える必要があります。

下記についてお悩みもしくは検討中ではありませんか?

  • 買収もしくは売却時、ITに問題はないのか? IT関連の支出は将来にわたって妥当なものなのか?
  • 合併後のITの姿はどうあるべきか? IT部門はどのように統合したら良いか?
  • 合併後の業務の姿はどうあるべきか? 製品統合や生産等の業務統合はどのようにしたら良いか? シェアドサービス化すべきか? 合併後の経営管理はどうすべきか?
  • 利害対立が起こり、合併先との統合計画が進まない。第三者に頼むべきか?
  • このまま統合すると、コストがかさんでしまう。計画を客観的に見直すべきか?

プライスウォーターハウスクーパース株式会社が悩みや検討事項を解決します。

ITデューデリジェンス
  • 買収者に、関連すると思われる業務処理のシステムに関する問題点の影響、および費用に対する洞察力のある情報を提供します。
  • IT化の可能性やコスト削減により、業務の改善点を明確にします。
  • 買収者に、業務の中断を避けリスクを軽減するためのIT関連の移行に関する戦略や、選択肢を提供します。
  • 移行時に必要となる買収後の戦略目標を達成するためのITシステムの選択肢(および必要となる投資など)を明確にします。
買収/合併後の統合/分離
  • 統合/分離の組織/業務/システム像を詳細定義します。
  • 統合/分離の計画を詳細化します。
  • 必要となるプレイヤー(貴社/外部等)を組織化します。
  • 計画に基づき、統合/分離プロジェクトを推進し、プロジェクト管理します。

ITデューデリジェンスにおける考察点

ITデューデリジェンスの実行にあたっては、以下の考察点を十分に分析した上で作成する必要があります。当社によるトータルサービスの提供によって、他のデューデリジェンスの実行やそれらの分析結果から得られる問題意識の共有、整合性の確保が可能となります。

ITデューデリジェンスにおける考察点
評価対象領域 調査・評価内容 (例)
IT戦略
  • 事業戦略とIT戦略との整合性 等
ITコスト
  • IT投資および費用の状況
  • 項目別/ベンダー別支払実績と取引内容・条件 等
IT組織・体制
  • ITに関わる社員・外注人員の体制・役割・スキル状況
  • IT教育プログラムの実施状況 等
アプリケーションデータ
  • アプリケーションデータの実装/利用状況
  • 変更および障害発生状況・解消実績
インフラ
  • 各種インフラの構成および能力
  • 各種インフラ一覧 等
ITプロセス・コントロール
  • 変更管理・障害管理プロセスを中心とした承認経路等
  • 内部/外部監査結果の調査 等
開発/運用業務
  • 開発における方法論/標準化の状況
  • ユーザー部門/IT部門の役割分担の状況
  • 通常運用時の作業フロー・監視状況
  • 運用業務マニュアル整備状況 等
情報セキュリティ
  • 情報セキュリティ整備/運用/教育状況 等
事業継続計画(BCP)
  • 業務およびIT間のBCPの整合性
  • BCPに関する教育とセーフティドリル実施状況 等
主要プロジェクト
  • 進行中/計画中のプロジェクト概要および進捗状況等
契約管理
  • ベンダー等との契約内容/条件ならびに契約管理状況 等

ディール後のIT統合サービス

IT統合は、通常のITプロジェクト以上に厳しい制約下の中で、統合特有の難しさと対峙し、失敗の許されない難しい取り組みです。当社のようにIT統合を熟知/精通した外部からの支援が必須です。

IT統合の難しさ
画像をクリックすると拡大します

IT統合では、IT統合計画策定、完全統合実行、運用保守と多様なケイパビリティが求められ、当社では一貫したサービスを提供することが可能です。

一貫したサービスの提供
画像をクリックすると拡大します

IT統合は、事業統合を支援するものであるだけでなく、ITとして最適でないモデルについても、積極的に議論するべきだと考えます。

積極的なIT統合
画像をクリックすると拡大します

IT統合計画策定は特に重要です。実績に基づくアプローチにより、ステークホルダー間において納得されるIT統合計画の策定を支援します。

IT統合計画策定
画像をクリックすると拡大します

 
 ページトップへ