M&Aストラテジー

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のM&Aストラテジーでは、M&A戦略立案、ロングリスト/ショートリスト作成、買収/提携スキーム構築、統合計画策定、M&A実行支援、シナジー分析など、PwCの海外法人と連携して、企業のM&A戦略策定をグローバルに支援します。

M&Aストラテジーの概要

成長戦略の手段としてM&Aを活用する企業が増えています。買収案件が出てきてから買収の検討を始めるという「受け身」のケースもありますが、こちらから買収を「積極的」に仕掛けることにより、本当に有益な買収企業を厳選できるとともに、成長戦略を自らの意思で加速できます。

そのためにはM&A戦略を策定し、どのような評価基準でM&Aを行うのかを明確化することが重要です。当社は、M&A戦略策定、ロングリスト作成、デューデリジェンスなど、クライアントのM&A推進を支援します。

M&Aストラテジー提供サービス

  • M&A戦略立案
  • 買収先ロングリスト/企業プロファイル作成
  • ビジネスデューデリジェンス(BDD)、コマーシャルデューデリジェンス(CDD)
  • シナジー分析、統合計画策定

M&A戦略立案

M&Aには、買収案件が持ち込まれてから検討するリアクティブな対応と、自ら買収先を探しに行くプロアクティブなアプローチがあります。私どもはリアクティブな対応では本当に必要な買収は難しいと考えており、自らM&A戦略を立案し、M&Aに対する明確な方針と評価基準を用意することが、M&Aを成功に導くために、重要と考えています。自社にとってM&Aをすべき領域/機能は何か、M&Aによって何を買うのか、M&Aの評価基準は何か。これらを明確化することが失敗しないM&Aの第一歩です。あらかじめM&A戦略を準備しておくと、買収案件の持ち込みがあった場合にも、その意思決定に「ぶれ」は生じません。明確な方針と評価基準があればこそ、M&Aについて正しい意思決定がスピーディに行えます。

買収先ロングリスト/企業プロファイル作成

M&A実施の第一歩が買収先候補の洗い出しと企業概要の理解です。当社では日本のみならず海外についても候補先一覧(ロングリスト)と企業プロファイルの作成を行います。現地PwC法人と連携し、候補先の株主構成、主要取引先、主要商品/サービス、特徴、強み・弱み、業界での評判など、絞り込みに必要なプロファイルを収集・分析します。また必要に応じて、クライアントの企業名を伏せたまま、候補先へのコンタクトも実施します。

ビジネスデューデリジェンス(BDD)、コマーシャルデューデリジェンス(CDD)

M&Aの意思決定において重要な調査が、ビジネスデューデリジェンス(BDD)とコマーシャルデューデリジェンス(CDD)です。BDDでは、候補先の事業計画を第三者評価し、その計画の妥当性、実現性を明らかにします。当社では、単に事業計画の第三者評価で終るのではなく、その評価を通じて新たな事業機会と可能性を導出するとともに、より良い事業計画へするための修正事業計画の策定まで支援し、候補先のバリューアップに努めます。 またCDDでは、参入市場について評価し、市場の魅力度、事業機会、リスクを明らかにします。海外へ新規市場参入する場合には、候補先の評価とともに、マーケット全体の成長やリスクを見極めることを支援します。

シナジー分析、統合計画策定

M&Aの成功は統合をいかにスムーズに行い、シナジーを生み出すかにかかっています。シナジー分析では、買収先とのシナジー機会を分析し、その効果を明らかにし、統合後に生み出されるシナジーの期待値を明らかにします。この期待値が目標値(KPI)となり、組織が一丸となった統合を促進します。また統合計画では、統合直後からの詳細な計画を立案します。他社でのM&A支援に関する豊富な経験とPwCの方法論を基に、効果的な計画の策定を支援します。

M&Aストラテジーにかかわる主要コンサルティング実績

  • メディア/エンターテイメント会社におけるM&A戦略立案とロングリスト作成
  • ASEAN新興国市場参入に伴う買収先候補の抽出と企業プロファイル作成
  • 海外ハイテクメーカーの日本参入に伴うBDD、CDD実施
  • 国内素材メーカーにおける同業他社への出資に伴うBDD実施
 
 ページトップへ