ストラテジー

企業の全社戦略、事業戦略、海外展開、M&A戦略、グローバルマネジメントなどのトップマネジメントの経営課題を、PwCのグローバルネットワークを活用して支援します。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のストラテジーサービスは、企業における攻めの視点、いわゆる全社戦略、事業戦略およびそれらの実現に向け不可欠な経営管理や組織・業務の視点から、企業の戦略構築・再構築、業務改革・改善を支援します。

多くの企業がビジネスを海外へ、特に新興国へ展開を行っている中、グローバルに拠点を持つPwCの海外ネットワークがクライアントの課題の解決を強力に支援します。また企業の不連続な成長手段として重要性を増すM&Aに関しても、PwCではM&A専門チームを有しており、その連携によって他社にはできないない計画から実行への一貫したコミットメントを可能にします。私たちはクライアントと同じ視座から、クライアントが社内外の意思決定のハードルを越えるまでを支援します。

コーポレートストラテジー

中期経営計画策定、海外展開、新興国進出、事業ポートフォリオ再構築、全社組織再編、グループ戦略/再編による全社の価値向上を支援します。

当社のコーポレートストラテジーは、企業価値・株主価値の最大化に向けた企業全体のプランニングとして、中期経営計画の策定、事業ポートフォリオの再構築、グループ経営戦略の策定など、全社レベルのコンサルティングサービスを提供します。また事業のグローバル展開については、特に新興国では十分な情報がなく、市場や制度の変化も激しいため、これらの検討にはPwCのグローバルネットワークが役立ちます。フィージビリティスタディ、外資規制や産業規制の調査、提携/パートナーシップの検討、事業参入計画策定など、海外事業展開の初期フェーズから実行支援に至るまで、総合的なサービスを提供します。

ビジネスストラテジー

新規事業立上げ支援、産業別事業戦略、マーケティング戦略、新規市場参入などを通じて、競争優位性構築とトップライン拡大を支援します。

グローバル化、デジタル化、環境対応…これらがビジネス環境に与える影響は、数年前までは一部の企業に限られていましたが、最近ではすべての企業がこれらの大きな波に対応しなくてはならない状況になったといっても過言ではありません。この環境変化により、製品・サービスのライフサイクルが劇的に短くなり、事業戦略、中長期事業戦略は、明確な方向性と強い柱を持ちながらも環境変化に柔軟に対応できるものであることが求められます。

当社のビジネスストラテジーサービスは、このような環境変化を捉えつつ、「実現する(させる)」戦略をクライアントと共に策定します。

M&Aストラテジー

M&A戦略立案、ロングリスト/ショートリスト作成、買収/提携スキーム構築、統合計画策定、M&A実行支援、シナジー分析など、PwCの海外法人と連携してグローバルに支援します。

成長戦略の手段としてM&Aを活用する企業が増えています。買収案件が出てから買収の検討を始めるという「受け身」のケースもありますが、こちらから買収を「積極的」に仕掛けることにより、本当に有益な買収企業を厳選できるとともに、成長戦略を自らの意思で加速できます。

そのためにはM&A戦略を策定し、どのような評価基準でM&Aを行うのかを明確化することが重要です。私たちは、M&A戦略策定、ロングリスト作成、デューデリジェンスなど、クライアントのM&A推進を支援します。

グローバルマネジメント

グローバルマネジメント体制構築、海外子会社管理、地域統括会社化、グローバル本社化、グローバル組織再編、機能/役割分担明確化、投資撤退判断など、グローバルにおけるグループ最適化を支援します。

世界各地に拠点を設け、海外企業の買収によってフットプリントを広げた企業において、その海外子会社をどうコントロールし、グローバル全体でいかにシナジーを出すかが大きな課題となっています。

当社は、グローバル本社、地域統括会社、子会社再編、現地法人への権限移譲、グローバルブランドなど、グローバルマネジメントのクリティカルな課題に対して、各国のPwC法人が総力を結して支援します。

 
 ページトップへ