ストラテジー

戦略コンサルティング
 

経営戦略と事業戦略の策定から実現までを
支援します

 

PwCの戦略コンサルティンググループでは、コーポレートレベルの変革を支援する経営戦略、商品・サービスのトップラインを押し上げる事業戦略の策定を、PwCのグローバルネットワークを活用して支援しています。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の戦略コンサルティンググループでは、コーポレートレベルから経営管理や組織・業務・IT視点のグローバル戦略構築・再構築、業務改革・改善を強力に支援します。また、各事業のトップライン、つまり、いかに商品・サービスを国内外のマーケットで拡大・維持するかという事業戦略の立案およびそれらの実現を支援します。

多くの企業がビジネスを海外、特に新興国へ展開を行っている中、PwCのグローバルネットワークがクライアントの課題の解決を強力に支援します。また、企業の不連続な成長手段として重要性を増すM&Aに関しても、PwCではM&A専門チームを有しており、その連携によって他社には真似できない戦略立案から実行支援までEnd to Endのサービス提供を可能にします。

サービス内容

経営戦略

グローバルマネジメント構築

世界各地にフットプリントを拡大する企業にとって、その海外子会社をどうコントロールし、グローバル全体でいかにシナジーを出すかが大きな課題となります。PwCは、グローバルマネジメントのクリティカルな課題に対して、各国の現地法人と連携し、解決推進の支援を行います。

(支援テーマ例)

  • グローバルマネジメント体制構築
    (海外子会社管理、地域統括会社化、グローバル本社化)
  • グローバル組織再編、機能/役割分担明確化
  • 投資撤退判断、リスク評価

中期経営計画/ビジョン策定

経営環境が目まぐるしく変動する時代であるからこそ、企業の持続的成長を実現していくには、中長期視点を持っての経営の舵取りが必要です。PwCでは、各マーケットに精通するコンサルタントや海外現地法人とも連携し、企業価値・株主価値の最大化に向けた全社レベルのコンサルティングサービスを提供します。

(支援テーマ例)

  • 中期経営計画策定
  • ビジョン/長期経営計画策定
  • グループ戦略/再編

組織・業務改革

戦略実現や経営目標の達成のためには、経営管理の仕組みや組織・業務を適切な形に変革してくことが必要となります。組織・業務改革のプランニングにおいては、現場で行われている業務や発生している事象とその背景を適切に捉えることが特に重要になります。PwCは、ABM(活動基準原価管理)などの手法を用いた現場調査、計画の立案から、定着化支援まで一貫して支援します。

(支援テーマ例)

  • 組織・業務改革計画立案
  • シェアドサービス/BPO
  • 業務・管理プロセスの設計、標準化

事業戦略

グローバル戦略

事業戦略を語る上で、グローバル展開は必須となっています。新規進出時には、現地に適合したビジネスモデルを構築するためにも、現地顧客ニーズの把握、現地競合状況の把握、規制の把握、など、日本視点だけではなく、現地視点が重要となってきます。
ビジネスモデルの構築、市場・規制・顧客・競合の現地調査、参入オプションの検討など、クライアントのグローバル戦略の立案を多面的に支援します。
また、現地既存事業展開国も含めた、グローバルレベルでの戦略の立案、オペレーションの最適化、日本本社との連携・役割分担など、グローバルで解決すべき課題に対する解決策の立案についても支援します。

(支援テーマ例)

  • 事業参入戦略策定
  • フィージビリティスタディ
  • 外資規制や産業規制の調査
  • 提携/パートナーシップの検討

M&A戦略

成長戦略の手段としてM&A、アライアンスは欠かせない手段となりつつあります。成り行き上のM&A戦略ではなく、事業戦略の連続性を持たせるためにもストーリーのあるM&A戦略が必要となっています。
クライアントの事業戦略に沿ったM&A戦略の立案を支援するために、M&A戦略立案、買収・アライアンス先選定、買収/提携スキーム構築、統合計画策定、M&A実行支援、ビジネスデューデリジェンス、シナジー分析など、PwCの海外法人と連携してグローバルに支援します。

(支援テーマ例)

  • M&A戦略策定
  • ロングリスト/ショートリスト作成
  • ビジネスデューデリジェンス
  • 統合計画策定、実行支援

新事業開発支援

業界の垣根がなくなりつつある中、顧客基盤を生かした周辺事業への進出、自社技術を使った新領域(環境、資源、デジタルなど)への展開や新事業開発は、企業にとって必須のアジェンダとなりつつあります。
PwCのグローバルネットワークを駆使した技術調査、セグメント/ターゲットの特定、技術戦略の方向性検討、技術ロードマップの策定、ファクトに基づいたロジックの積み上げ、戦略の方向付けを支援します。

(支援テーマ例)

  • 社内リソース、技術分析を踏まえた新規事業構築
  • 提携/パートナーシップの検討
  • 新規事業計画および推進体制立案
 

プロジェクト支援の実績