オペレーション&テクノロジーソリューション

プロジェクトマネジメント支援、人事業務BPR、シェアードサービス・BPO、人事IT化戦略・設計、人事給与/タレントマネジメント/ワーク・フォース・マネジメント、システム構築・ワークスタイル改革を総合的に支援します。 また、人事領域のシステム導入については、これまでの導入コンサルティングの集大成である下記方法論・モデルを適用することにより、高品質・低コストなシステム導入を実現します。

人事領域のシステム導入コンサルティング方法論「H-1」

当社独自の方法論「H-1」は、蓄積された豊富なノウハウとベストプラクティスをベースに開発されました。この方法論「H-1」を用いることにより、高品質のプロジェクト実施を可能にします。「H-1」には現状分析から稼動に至るまでに実施すべきタスクとその依存関係が明確に定義されており、各タスクにおける成果物についてはテンプレートが用意されています。また、進捗管理におけるレビューの方法を含めた管理手法に関しても標準化されており、高度かつ均質なサービス提供を可能とします。

業務の効率化を実現する「人事機能モデル」

「人事機能モデル」は、日本の一般的な人事業務の特性に基づき、主要な人事パッケージシステムが持つ標準機能の特性を最大限に生かした構成をモデル化しています。このモデルは、コンサルタントとクライアントが業務あるいは情報システムの要件を定義する際の指針となり、業務の効率化をより確実なものにします。

人事機能モデル図
画像をクリックすると拡大します

人事IT化戦略・設計

人事戦略および施策を実施するにあたり、その実現に向けて必要な取り組みを計画立案します。その中で必要な施策や業務プロセスに対し、情報システムの面から支える仕組みの全体像(システム・グランド・デザイン)を描きます。当社では情報システムを経営戦略実現のための道具として位置付け、業務改革と情報システム導入の2つの視点から、企業として費用対効果の最大化を実現するシステム化計画策定を実施します。

  • 人事戦略および現状の業務・システム分析結果に基づく人事情報システムの機能構成や実現ロードマップの策定
  • ITツール選定
  • システム構築の効果予測
  • 既存システムのクイック診断
  • ERP/国産パッケージ選定

プロジェクトマネジメント支援

プロジェクトの計画や、進捗・課題の管理など、プロジェクト全体の統括を支援します。確立されたプロジェクト管理の方法論により、プロジェクトでのトラブル発生のリスクを低減し、効率的な運営を実現します。これによって、全体のコストを最小化できます。

  • 人事情報システム構築時のプロジェクトマネジメント支援(タスク推進、進捗管理、品質管理、課題管理、ユーザーの意識改革支援など)

人事業務BPR

人事戦略や施策を実現するためには、それを実行するための業務プロセス改革への取組みが不可欠です。クライアントにとって本当に必要な業務は何か(What)、最も効率的に行うためにはどうすればよいのか(How)などの観点を意識しながら、単に現行のプロセスを書き換えるというだけでなく、シェアード・サービス・センター(SSC)やビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)といった施策を視野に入れながら、人事部門の機能そのものを再構築していきます。

  • 人事業務のABC分析による分解・整理・再定義
  • プロセス・モデリング・ツールによる最適化支援
  • ワークフロー・セルフ・サービスによる省力化・効率化支援

タレント・マネジメント・システム

タレントマネジメントの最初の段階である人材情報管理においても、その内容は基本的人事情報から個人の志向性情報まで多岐にわたります。そのため、手作業や従来の給与計算を主な機能としたITシステムで管理するには限界があります。さらにタレントマネジメント情報は種類も多く、その量も多くなることを考慮すると、関係情報を継続的に管理するためには、昨今注目を集めるタレント・マネジメント・システムの導入が効果的です。

  • NAKISA・Success Factorsをはじめとするタレント・マネジメント・システムのシステム化計画策定
  • パッケージ選定
  • システム導入
  • 定着化支援

人事給与システム

人事給与、厚生などの業務領域を対象に、本社・支社での業務標準化、フロントエンドにウェブツールを活用した申請系業務の利便性やスピードの向上、庶務業務の負担軽減などの支援をします。

  • ERPパッケージをはじめとする各種ITツールを用いた人材マネジメント業務や人事オペレーション業務の支援環境の構築
  • 人事情報システムの運用定着化支援
  • 人事情報システムの機能アップ

シェアードサービス・BPO

企業グループにおける持株会社化や再編、あるいはM&Aによる人事機能の統合などを機に、経営目標の達成に向けて、人事部門が持つべき機能のあり方を見直す企業が増えています。企業として本当に必要な人事機能は何かを明確にし、外部リソースなどを視野に入れた事務機能の移転を含めた全体像を描くことが重要です。当社は、これまで得た実績・ノウハウから、単なる教科書的なものではなく、稼動後の業務運用を具体的にイメージしながら実現化していく施策を提案します。

  • グループ人事シェアード・サービス・センター設立支援
  • シェアードサービス機能向上・収支改善支援
  • 人事業務BPO化(アウトソーシング化)支援

ワークスタイル改革

オフィス環境、勤務形態、コミュニケーション方法、会議スタイルなどの仕事のやり方を変えていくことで、生産性の向上および創造性豊かな成果の創出を目指します。また、社員のプライベートにも配慮した人事施策を実施し、さまざまな人が働ける場を提供することで、人材を確保・活性化します。

  • コミュニケーションツール(メール・携帯等の情報機器)を活用した働き方(ワークスタイル)改革支援
  • コーポレートコミュニケーション(イントラネット・企業情報ポータル等)の評価・構築支援
 
 ページトップへ