調達改革・購買コストダウン

定量的分析により企業の調達活動の無駄を徹底的に洗い出し、豊富な実績を通じて蓄積されたノウハウによりコストダウン成果を短時間で創出します。

目に見える成果を示すことで、クライアント企業の部門を跨いだコストダウン活動、業務の仕組み改革を加速させます。

概要

調達費は企業における支出の7割~9割を占めるといわれており、その大きさ故に、調達費を戦略的に管理し、いかに抑え込んでいくかが企業の競争力に直結するといえます。

景気が低迷する昨今の状況下では販売費の投資に見合う売上増加は期待しがたく、直近での収益性向上に対しては、取り組みの成果がダイレクトに収益に直結する調達改革に取り組むべきと考えます。

調達部門の最大のミッションであるコストダウンに向け、調達部門には「価格決定権」「サプライヤー決定権」が「専権事項」として与えられています。

しかしながら、多くの日本企業においては、この専権事項の行使が形骸化しており、調達部門の統制化にある調達品目はごく一部にとどまっているケースがほとんどです。

コストダウンに取り組んでいない企業は皆無ですが、調達部門を主体としたコストダウン活動の対象範囲を拡大させることでさらなるコストダウンを実現する余地は多く残されているといえます。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、定量的分析によるコストダウン余地の「見える化」、Quick Winアプローチによる財務的成果の早期創出を通じ、確かなサービスを提供します。

定量的分析によるコストダウン余地の「見える化」

多くの企業において、具体的な購買品目レベルにまで分解した調達支出実績は必ずしも把握されておらず、十分な「見える化」がなされていないのが現状です。

そのため、調達コストダウン活動の有効性に対する疑心暗鬼を招き、活動を停滞させる一因ともなっています。

当社は、豊富な実績により蓄積されたノウハウに基づき、2週間程度の短期間でクライアント企業の調達活動を多面的な観点から分析し、コストダウン余地を「見える化」します。

Quick Winアプローチによる財務的成果の早期創出

調達コストダウンに関わる活動は、社内関連部門の「既得権益」に踏み込むことが多く、活動当初から全面的な理解・協力を得られることはまれなケースといえます。

このような関連部門の心理的な抵抗を除去し、活動への求心力を高めていくために、当社はQuick Winアプローチによるコストダウン活動を推進していきます。

早期にコストダウン成果を創出できる購買品目にターゲットを絞り、改革の有効性を実証することで、全社的な巻き込みを実現し、活動の成果を最大化します。
販売費スリム化支援サービスの基本アプローチ図

 
 ページトップへ