グローバル化支援

競争を勝ち抜くグローバルマネジメント基盤、税務戦略を考慮したグローバル機能再編(バリューチェーントランスフォーメーション)や、三国間取引などのグローバルサプライチェーン戦略立案および実行を支援します。

グローバル化支援の概要

既にグローバル化を進めてきた企業からは、「本社から海外拠点への統制が効きにくく、経営実態がなかなか把握できない」、「市場変化のスピードに意思決定や経営判断が追いついていない。」といった声がよく聞かれます。グローバルで確実に収益を上げていくためには、各国のビジネス状況をいち早く検知・分析し、市場動向を予測した上で、グローバルレベルで経営資源の配分を最適化し続けることが求められます。そのために、グループ全体の経営状況を正確かつ迅速に把握できる手法を構築し、日々ブラッシュアップする必要があります。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、グローバルマネジメント強化、バリューチェーントランスフォーメーション、三国間取引によるグローバルサプライチェーンの構築など、企業のグローバル化を幅広く支援します。

グローバルマネジメント強化

グローバル競争に直面している企業にとって、グローバルマネジメント力は競争優位の源泉です。当社は、会社形態、ガバナンス、組織設計、業績管理、プロセス、テクノロジーの観点から包括的に分析し、競争を勝ち抜くグローバルマネジメント基盤(オペレーティングモデル)の構築と導入を支援します。

グローバルマネジメント強化のアプローチ
グローバルマネジメント強化のアプローチ
画像をクリックすると拡大します

オペレーティングモデルフレームワーク

ビジネス戦略
ビジネス戦略

バリューチェーントランスフォーメーション(Value Chain Transformation)

バリューチェーントランスフォーメーションとは、企業グループ内における法人格を跨った機能再編、業務ルールの改革、経理みえる化に向けた管理プロセスの強化を行うことにより、グループ全体としてのグローバル競争力向上を狙うポストSCM/VCM(サプライチェーンマネジメント/バリューチェーンマネジメント)として位置付けられる経営手法です。グローバル化においては税金も大きなコストとして認識すると同時に、経営リスクを低減するためにもグローバルな税務動向や税務ルール等を考慮した機能再編が重要です。

サービス概要

  • サプライチェーン機能再編・改革に伴うリスク評価
  • グローバル化に向けたサプライチェーンモデル構築とグローバルルールの設計
  • 事業別・機能別・エリア別パイロット実施とグローバル展開計画立案
  • グローバル展開と運用定着化支援

グローバルな支援体制
グローバルな支援体制

グローバルでの競争優位性を確立するために、「グローバルサプライチェーン(G-SCM)」、「グローバル人材マネジメント(G-HRM)」、「グローバル税務・法務」さらにそれを支えるIT戦略に関して最適なスキームを構築し、実際にグローバルに展開・導入するまで総合的に支援します。

VCTプロジェクトアプローチ例
VCTプロジェクトアプローチ例
画像をクリックすると拡大します

三国間取引 ~ グローバルサプライチェーンの構築

新興国市場においては、「よい製品を高く売る」という戦略が通用するとは限りません。「コスト」、「変化に対応するスピード」が競争力に直結します。より早く市場に投入し、よりコスト競争力の高い製品やサービスを提供するために、グローバルサプライチェーン構築は効率性とスピードを求められており、物流効率化や現地法人を設立する時間と手間を省略する三国間取引が注目を集めています。

基本スキーム
基本スキーム

三国間取引とは

  • 本社で受注・発注・請求・支払・出荷指示などを統括管理
  • 物流はサプライヤーからカスタマーへ直送
  • 製造・販売委託先などを活用するケースもある

期待メリット

  • 物流コスト削減
  • リードタイム短縮(資本調達コスト削減)
  • 本社の利益確保

オペレーションの課題

  • 物流プロセスの統制
  • 品質管理方法
  • 組織の壁
  • システム改修

実現するためのポイント

  • 三国間取引の実現に向けて最も重要なポイントは、早い段階で具体的な実現方法の検討を行い、その効果を見極めることです。
  • コストだけでなく、物流管理・品質管理などの実務オペレーションや組織、必要なシステム(投資額)など、詳細に検討することが必要不可欠です。
  • 先を見据えた期待メリット、解決すべき課題、想定されるリスクを把握し、それらをコントロールしてはじめて、実現に向けた第一歩を踏み出したと言えます。

当社は、監査・税務・アドバイザリーのスペシャリストが連携し、またグローバルネットワークを活用し、戦略・組織・プロセス・IT導入などの観点から、三国間取引のアセスメントから実行まで様々な課題解決を支援いたします。

 
 ページトップへ