組織再編・グループ構造改革

持株会社設立、事業の分社化・子会社再編など、戦略実現の手段としてのグループ組織改革や組織再編を支援します

概要

企業価値向上に向けた投資家からの要求が高まる中、多くの企業が事業の選択と集中に向けた取り組みを加速しています。強固なグループ経営体制を実現する上で、グループ組織構造の見直しにとどまらず、グループガバナンスの再構築が不可欠となります。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は、戦略実現の手段として、持株会社設立、グループ組織(会社)の再編、グループガバナンスの再構築を支援します。

提供サービス

  • 持株会社設立
  • グループ組織再編
  • グループガバナンスの再構築

持株会社設立

戦略と事業の分離、事業子会社の責任体制の明確化、事業構造改革の推進などを目的とし、持株会社経営に移行する企業も少なくありません。持株会社化にあたっては、その目的を明確にするとともに、ガバナンス、組織機能、権限設計、人事、経理、経営管理など、持株会社の運営に関する総合的な設計が重要な成功要因です。株式移転や会社分割などの持株会社設立の最適な手続きを選択するとともに、適時開示や許認可手続きなどにも考慮が必要であり、1年~2年程度の全社的な取り組みとなります。PwCは、持株会社化の構想策定から、設計、実行まで総合的に支援します。

  • グループ組織構造の設計、持株会社の機能設計
  • ガバナンスの体系、組織・機能の設計
  • 経理、人事など間接部門の再配置、業務再設計
  • 経営管理、業績評価、投資権限設計
  • グループ収支・資金還流(配当金、経営指導料など)の設計
  • 持株会社設立実務・会社法上の手続きの推進
  • コミュニケーションプランの策定と実行支援

グループ組織再編

目指すべきグループ経営体制に向け、グループ会社の統合、非主力事業のカーブアウト(分社)、地域統括会社の設立など、グループ組織再編は重要な戦略事項となっています。グループ組織再編にあたっては、組織面のみならず人事、税務などの観点を考慮した再編手法を選択することが重要な成功要因です。グループ組織再編に向けたスキームの設計から、会社分割や労働承継などの手続きまで、そして再編に伴う業務の変更、システムの改修に至るまで組織再編の実務を総合的に支援します。

  • スキームストラクチャーの設計
  • 会社分割や労働承継などの手続き
  • 再編(分割)に伴う、業務プロセスと情報システムの再設計

グループガバナンスの再構築

グローバル化の進展や事業の多角化などに伴い、グループガバナンスは複雑化しています。また、M&Aにより新たにグループ入りした企業との整合も課題です。その結果、グループガバナンスの再構築を行わず、グループ組織改革・再編を進め、その狙いが十分に実現できていない企業も少なくありません。グループ組織改革・再編をより効果的に推進する上で、以下の視点でグループガバナンスの課題を抽出するとともに、その再構築に向けた支援を行います。

  • 事業構造に照らした本社集権ないし分権化の方針
  • 本社、子会社の役員体制、意思決定機関・プロセス設計
  • 事業責任体制、業績管理制度、役員報酬制度などと全体的整合性

主要コンサルティング実績

食品メーカー

純粋持株会社設立および事業部門を独立事業会社化。持株会社設立にあたり、基本構想立案、分社スキーム策定、スケジュール策定、組織設計、間接部門のシェアードサービス会社化など総合的に支援を行いました。さらに、後年、販売専門会社の設立・事業移管のスキーム設計、業務変更支援、システム改修などの進捗を支援しました。

製造販売会社

国内事業を統括する事業統括会社設立を支援しました。

素材メーカー

純粋持株会社設立支援。計画策定から実行実務、また、子会社の再編や100%子会社化の実務支援、産活法申請の支援まで幅広く対応。

 
 ページトップへ