コストマネジメント再構築

コスト競争力強化に直結するコストマネジメントの実現に向けて、あるべき姿の定義(基本構想策定)から、制度対応、経営管理改革、業務プロセス改革、情報システムの構築、定着化まで総合的にサービスを提供します

概要

企業の生産拠点のグローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、価格競争の激化といった経営環境の変化の下、時代・経営ニーズに合ったコストマネジメント(原価計算・原価管理)構築は重要な課題です。

これからのコストマネジメント

1962年に発表された「原価計算基準」に基づく伝統的原価計算は、日本の原価計算・原価管理の全体的な水準の向上に貢献しました。しかしその古さ故、現状の企業環境とミスマッチを起こしています。コスト競争力を強化させるためには、管理対象の拡大・計算サイクルの短縮化・分析軸の多角化などに対応し、戦略的意思決定に貢献できるデータを提供するコストマネジメントを構築する必要があります。

これからのコストマネジメント
画像をクリックすると拡大します

コストマネジメント改革の基本コンセプト

精緻に原価を計算し、事業実態を可視化するだけでは、コスト競争力の強化につながりません。事業実態を可視化することに加え、その情報を迅速な事業戦略への意思決定や現場の原価低減活動につなげていくことを、コストマネジメント改革の基本コンセプトとし、次世代の経営管理基盤の構築を支援します。

PwCのコストマネジメント改革

コストマネジメントは、財務会計上の原価計算のみならず、収益管理や予算管理、また業績評価など、社内の多くの制度に関係します。プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は、単にコストマネジメントの仕組みを構築するのではなく、豊富なノウハウや他社事例を基に、企業内の各制度との関係を整理し調整を図り、経営管理改革、業務プロセス変革、従業員の意識改革まで支援します。そして、個々の企業の事業特性などに適した原価計算・原価管理の仕組みと情報システムを提案するとともに、構想策定からシステム導入・定着化までを一貫してサポートすることで、コスト競争力に寄与する原価計算・原価管理の再構築を支援します。

 
 ページトップへ