ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence:BI)構築

ビジネスインテリジェンス(BI)とは、「マネジメント層や一般ユーザが業務システムなどから蓄積した膨大なデータをシステム部門の手を借りずに、自らレポートを出力・分析を行うことにより、スピーディに適切な意思決定ができる仕組み」を指します。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は、豊富な経験に基づく広範囲かつ深い洞察力をもとに、企業に適したあるべきBIの姿を描きます。

企業経営者が目指すビジョン・ミッションを、予算や見込みに代表される財務指標やさまざまな非財務指標の形で体系化したのち、各組織・事業の目標として展開し、細分化された指標の達成状況を定期的にモニタリングすることにより、高度なPlan-Do-Check-Actionのサイクル化を実現することこそが、真のBIの活用であると考えます。

BIは、経営分析に意味のあるデータを、分かりやすく示すことができる仕組みである必要があります。
BIを活用するには、部門によって異なる使い方をしているデータ項目を、一定のルールの下に整合性のある情報に加工したり、事業や部門のKPI(Key Performance Indicator:主要業績評価指標)を体系化した上で施策立案・実行の責任単位を考慮した管理軸を定義し、マネジメント層が財務指標や非財務指標の状況を瞬時に認識できる仕組みにすることが必要です。<高度なBI実現アプローチ>

一方で、BIの構築は、定型的な業務のシステム化と異なり、投資に対するリターンの測定が難しいものです。また経営環境の急激な変化に対応するため、システム構築に長い期間をかけることが許されない場合もあります。今ある情報を活用して、低コストで、短期間で構築し、最低限の「見える化」を実現することで、マネジメント層の情報活用に対する意識を高める(Quick-Win)方法も併せて検討する必要があります。

<BI構築 2つのアプローチ>
画像をクリックすると拡大します

 
 ページトップへ