予算管理改革支援

グローバリゼーション、消費者ニーズの多様化、競争環境を根本から覆すような技術革新など、経済的不確実性が高まっている昨今、他社に先駆けて市場の変化をキャッチし、速やかに手を打てなければ、競争に打ち勝つことは困難です。
予算管理制度は、健全で継続的な発展を実現するための企業の中核をなす経営管理の仕組みです。近年の変化の激しい市場環境に対して、予算管理に対する改善の必要性を認識している企業は少なくありません。2012年から2013年にかけて、PwC UKが英国勅許管理会計士(Chartered Institute of Management Accountants:CIMA)のグローバル会員を対象に実施した企業意識調査の結果でも、多くの回答者が予算管理の改善の必要性を強く認識しています。

【予算管理において改善の必要性を認識している項目の回答割合】

現在の予算管理においては、“スピード化”と“予測重視”がキーワードです。予算編成の期間短縮や予算統制の短サイクル化を推進し、変化の兆候をいち早く読み取り、先手を打てる経営を実現することが求められています。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)では、効率化による作業量の低減が、抜本的な予算管理改革に向けた改革の第一歩と位置付けています。効率化による作業量の低減は、コストダウンだけではなく、予算精度向上のための検討やシミュレーションといった予算管理の本来的な業務の時間確保といった効果を生み出します。いち早く効果を創出することで、関係者の理解も得られ、抜本的な予算管理改革の体制作りが可能になります。

また、当社では予算管理の成熟度診断を用いて、クライアントの予算管理制度を評価します。成熟度診断を用いて、経営層から現場の方々に、予算管理における現状理解とあるべき姿を調査し、他社比較も含め多角的に分析することで、真に改善すべき事項を洗い出すことで、クライアントにとっての適切なソリューションを提供します。

予算管理は経営の根幹を成し、関係する組織・人が広範囲に及びます。改革をリードする責任者や担当者が心の底から納得し強い意志を持って推進しなければ、改革は成功しません。当社は改革が業務として定着するまで支援します。

 
 ページトップへ