予算管理改革

予算管理制度は、企業の健全で継続的な発展を実現するための企業の中核をなす経営管理の仕組みです。プライスウォーターハウスクーパース株式会社ではあるべき予算管理とは、予算編成や統制の厳格化と予算管理業務全体の効率化を、IT(情報技術)を活用して実現することと考えています。

当社では予算管理改革に向けて『仮説検証型アプローチ』を確立しています。この方法論の特長は、まず初めにQuick Reviewを行い、仮説を設定する点です。この仮説を基にFit Gapを行い要件定義やアプリケーション設計を短期間で行うことで、早期にシステムの稼動を実現します。さらに、Quick Reviewで抽出した業務・制度の課題についても、システム導入と並行的に改革を行うことができる点も大きなメリットです。

 
 ページトップへ