会計システムの再構築

近年、企業のグローバル化、会計基準変更への対応、会計システムの老朽化などを契機に、各企業において会計システムの再構築が検討され始めています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉えています。

その実現のためには、最初に構想策定フェーズにて、戦略/組織/業務プロセス/情報システムの観点からあるべき姿を検討するとともに、期待する効果と優先順位を設定し、実現性の高い導入計画を立案することが重要です。

  • 経営管理上有益な情報が提供されない
  • 業務プロセスの標準化、効率化が進んでいない
  • システム開発投資や運用・保守費用が増大
  • 稼動時期の遅れや稼動後に現場の混乱が発生
  • 組織変更に柔軟に対応できない

経理業務の効率化や経営管理の高度化などの目的を持ってスタートしたはずの会計システム再構築プロジェクトが、目的を達成できずに左記のような問題を抱えている企業が多く見られます。

これらの問題が発生する最大の要因として、構想を策定する段階において、十分な検討が行われなかったことが挙げられます。PwCは、最初に構想策定フェーズにて、戦略/組織/業務プロセス/情報システムの観点からあるべき姿を検討するとともに、期待効果と優先順位を設定し、実現性の高い導入計画を立案することで、投資対効果の最大化に貢献します。

  • 変革テーマ設定
  • 業務/システム概要要件定義
  • ソフトウェア評価・選定
  • 実行計画策定

PwCのアプローチ

<図1>全体アプローチ
画像をクリックすると拡大します

PwCでは、各種会計基準変更や経営管理高度化などの会計業務知見、システム導入のためのシステム知見、クライアントの業界知見を持ったメンバーなど、幅広い知見・経験を持ったメンバーを参画させるとともに、グローバルの方法論(Transform)により、プロジェクト全体を統合管理し、構想策定から設計・開発、導入、導入・定着化まで、一貫した支援を行うことで、プロジェクトを成功に導きます。

また、PwCグローバルネットワークを活用し、各国制度・事情に精通したプロフェッショナルと連携したプロジェクト推進も可能です。国際財務報告基準(IFRS)対応プロジェクトでは、会計基準決定に際してPwCあらた監査法人と連携、海外法人現地調査、基準統一、ロールアウトに際してはPwCグローバルと連携してプロジェクトを推進します。

経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化を確実に実現させるためには、適切な構想を策定し、必要な知見を持ったリソースを参画させるとともに、一貫した方法論をもって、プロジェクト全体の管理を行うことが必要です。

 
 ページトップへ