成功事例

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングサービスを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。
M&Aや事業再生・再編の専門家であるディールズ部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、顧客企業にとって最善なソリューションを提供しています。

そのコンサルティング事例の一部をご紹介します。

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。閲覧日時点の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

地域/国:

アフリカ

南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査
日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。

中国

中国病院市場調査・事業展開戦略策定支援
中国における病院に関する調査として、ジョイントベンチャー先との新しい事業モデルを検討し、出資リスクをいかにして最小化すべきかに関するオプション提案を行いました。
PwC中国チームと連携し、北京・上海のL1病院、医薬卸、政府機関に対するインタビュー調査を進め、医療改革制度の進捗、中国の病院を取り巻く環境などの調査を実施しました。
中国・東南アジアにおける輸出業務改善支援
特例輸入者(AEO)の継続取得、日本国内の輸入経費削減を目的として、中国・東南アジアの各海外工場における税関申告上のインボイスと現物との間の不整合を解消すべく、海外工場の輸出業務改善支援を実施しました。

インド

経済産業省事業:平成25年度新興国での新中間層獲得による日本再生事業(インドにおける州政府連携強化事業)
日本企業のインドへの進出活動支援に向けて、デリームンバイ産業大動脈およびチェンナイバンガロール産業大動脈にかかわる9つの州政府に対し、州政府の投資誘致活動に協力しつつ、日本企業向けの投資情報整備を実施。インド中央政府および各州政府高官(産業次官、開発公社総裁)を日本に招聘しての投資フェアを3都市で開催するとともに、各州における基礎環境、投資優遇措置などの調査を実施しました。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
ASEAN・インド統括会社における統括機能検討支援
ASEAN・インド統括会社における統括機能の在り方について、他社ベンチマーキングを行いました。地域統括機能モデル案を提言し、ロードマップ策定を支援しています。
高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
東南アジア域内シェアードサービスセンター構築支援
グローバル競合企業と比べて高い間接業務コストの削減、コンプライアンスリスクの低減、グローバル成長戦略の支援を狙いとして、PwCシンガポールと連携して東南アジア域内の経理業務を対象に組織体制、オペレーション、IT、ガバナンスの設計を行うなど、シェアード・サービス・センターの構築を支援しました。現在、さらなるコスト削減に向けて、欧州、インド、東南アジアにおける経理業務のグローバル集約化の取り組みを支援しています。
インド市場参入支援
インド事業の抜本的強化に向けた製品ポートフォリオの検討を実施するとともに、PwCの現地ネットワークを駆使した現地顧客の購買チャネル・購買決定要因分析、競合企業ベンチマークなどを通じ、インド市場における成功要因を見極めた参入戦略を策定しました。その実行に向けて現地企業とのパートナーシップ構築、サプライチェーン構築など事業基盤の構築を支援しています。

日本

曙ブレーキ工業株式会社
曙ブレーキ工業株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、本社と国内グループ12社の人事システム統合により業務の標準化と効率化を実現しました。
全日空商事株式会社
全日空商事株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、わずか5.5ヵ月で新営業システムを構築し、商社/貿易業務を効率化精度の高い収益管理を実現。
大手流通業A社 新管理会計システム構築事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手流通業A社の新管理会計システム構築事例において、管理会計制度の抜本的な見直しと管理会計システムの刷新を同時に行い、構造改革をスピーディに実現しました。
日立電線株式会社
日立電線株式会社はプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、役割定義の策定・展開プロジェクトを実施し、目標管理の運用高度化ならびに現場マネジメント支援体制の強化を実現しました。
株式会社IHI リスク管理高度化支援事例
株式会社IHIはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、リスク管理体制の再設計とその運用にグループ一丸となって取り組み、2009年に特設注意場銘柄の指定解除とJ-SOX監査での有効評価という目標を達成。
東日本旅客鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社は、社員システムの老朽化・複雑化といった課題解決のため、ERP導入による全面刷新を決断。その全フェーズをプライスウォーターハウス株式会社(PwC)が支援した新社員システムは2年半のプロジェクトを経て2007年10月に本稼働しました。
株式会社講談社
株式会社講談社では、会計と経営管理にフォーカスした新たな情報システムの構築プロジェクトを立ち上げ、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、2006年12月に本稼動を開始しました。
大手製造業B社 コンバージェンス対応支援事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業B社のコンバージェンス対応支援事例において、グループ会社の会計処理基準の統一を最小限の修正で実現しました。
大手製造業C社の国内販売会社 営業活動モデル策定事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業C社の国内販売会社の営業活動モデル策定事例において、収益貢献度の高い代理店を見極め、最適な営業工数投下で効率的かつ効果の高い標準的な営業活動プロセスを確立しました。
ミツカングループ
ミツカングループは、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC )の支援のもと、分社型カンパニー経営を支える次世代基幹情報システムを構築しました。
株式会社ニコン
株式会社ニコンはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の協力を得て、製品ライフサイクルマネジメントにおけるPDCAプロセスの大改革に踏み切りました。
パイオニア株式会社
パイオニア株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、週次生販業務システム(SPEED)構築による、グローバルな販売・需給調整・生産・物流各拠点一体のSCM改革を行いました。
楽天銀行株式会社
楽天銀行株式会社はコンサルティングパートナーにプライスウォーターハウスクーパース株式会社を選択し、金融機関においていち早くIFRS対応の基盤整備を完了しました。
シェリング・プラウ株式会社
シェリング・プラウ株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、SAP® R/3®グローバルテンプレートで短期導入を実現し、グローバル経営を支える基幹業務システムを構築しました。
シスメックス株式会社
シスメックス株式会社は、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、安全保障貿易の管理体制を整備しグローバル規模でコンプライアンスを強化しました。

東南アジア

ASEANへの事業展開支援
クライアントのASEAN展開に向けて既存製品・サービスの戦略検討を行い、立案した戦略を迅速に実行に移すべくオペレーション戦略の具体化を行いました。さらに、PwCの有するグローバルネットワークを活用し、多数の現地企業・政府系機関・政府系ファンドにおける新規事業に対するニーズの把握とアライアンス戦略の具体化をサポートしました。
中国・東南アジアにおける輸出業務改善支援
特例輸入者(AEO)の継続取得、日本国内の輸入経費削減を目的として、中国・東南アジアの各海外工場における税関申告上のインボイスと現物との間の不整合を解消すべく、海外工場の輸出業務改善支援を実施しました。
新規市場進出のための市場調査・分析
既存製品の新規市場への展開を目指すクライアントへ、海外進出候補先の市場調査と進出戦略の立案および個別進出案件の検討支援を提供しました。
高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
林業機械システムの動向調査
マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。
ASEAN・インド統括会社における統括機能検討支援
ASEAN・インド統括会社における統括機能の在り方について、他社ベンチマーキングを行いました。地域統括機能モデル案を提言し、ロードマップ策定を支援しています。
東南アジア域内シェアードサービスセンター構築支援
グローバル競合企業と比べて高い間接業務コストの削減、コンプライアンスリスクの低減、グローバル成長戦略の支援を狙いとして、PwCシンガポールと連携して東南アジア域内の経理業務を対象に組織体制、オペレーション、IT、ガバナンスの設計を行うなど、シェアード・サービス・センターの構築を支援しました。現在、さらなるコスト削減に向けて、欧州、インド、東南アジアにおける経理業務のグローバル集約化の取り組みを支援しています。
特定の疾患分野に関する市場調査
アジアから中東、欧州にかけての計9カ国における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。
ヘルスケア市場調査およびヘルスケア事業に関する事業性調査
東南アジアから南アジアにかけての新興国計6カ国において、ヘルスケア領域における新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、医療政策動向、疾病動向、医療提供体制、医療施設整備動向などに関する概要調査を実施しました。調査対象国を絞り込んだ後に、主要な個別医療政策概要調査、事業セグメントごとの主要プレーヤー動向調査、主要法令概要調査、主要事業者事例調査などを踏まえ、事業参入オプションを整理し提案しています。

インドネシア

林業機械システムの動向調査
マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。
インドネシア通信業界の動向調査
インドネシアの通信業界における動向について調査報告書を作成しています。

マレーシア

林業機械システムの動向調査
マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。

フィリピン

フィリピンにおける電動三輪車普及(e-Trike)の可能性調査
二国間オフセットクレジット制度構築に向け、フィリピンにおけるガソリン三輪車(Tricycle)を電動三輪車(e-Trike)に置き換える技術と、その製品にかかわる法規制・政策関連の調査と将来的なビジネスモデルの検討を実施しました。この調査結果を分析し、簡易かつ効率的に排出削減量を算定するMRV方法論*を構築しました。さらにe-Trikeの普及促進のための政策・財政課題などの解決策について検討を行い、最終的に提言案として調査報告書を作成しています。 *MRV:測定、報告、検証

欧州

高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
東南アジア域内シェアードサービスセンター構築支援
グローバル競合企業と比べて高い間接業務コストの削減、コンプライアンスリスクの低減、グローバル成長戦略の支援を狙いとして、PwCシンガポールと連携して東南アジア域内の経理業務を対象に組織体制、オペレーション、IT、ガバナンスの設計を行うなど、シェアード・サービス・センターの構築を支援しました。現在、さらなるコスト削減に向けて、欧州、インド、東南アジアにおける経理業務のグローバル集約化の取り組みを支援しています。
特定の疾患分野に関する市場調査
アジアから中東、欧州にかけての計9カ国における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。

ロシア

ロシア進出サポートプロジェクト
クライアントは自動車メーカーからの要請により新興国への進出に取り組んでおり、メーカー各社と取引を拡大することを検討中でした。対象国の1つであるロシアは言語や日本からの距離などの問題から、現地の自動車政策、自動車メーカー各社の動き、現地への進出の可能性、投資実務の留意点などについて情報が入手しにくいため、PwCのグローバルネットワークを活用し、ロシア進出のためのフィジビリティスタディの支援を提供しました。

トルコ

総務省事業:トルコ共和国における災害情報(予警報)配信システム導入整備に関する調査研究
日本と同様の地震国であり、最大都市イスタンブール周辺における巨大地震の発生が非常に高い確率で予測されているトルコに対する、日本の防災システム技術の導入に向けた基礎調査(中央政府および州政府の防災政策、防災行政・教育体系、防災システム整備状況など)を実施し、危機管理を所管する組織であるAFAD(Disaster and Emergency Management Presidency)に対するシステム導入提案を作成しました(情報通信企業3社との共同実施)。
トルコへの参入戦略構築サポート
トルコの医療セクターへの参入検討のため、主に現地でのインタビューを通じて、トルコの医療システム・保険システム、国の医療政策や民間セクターにおける競争環境を調査・分析しました。さらに市場トレンドや市場の成長性評価を行い、クライアントに最適な参入方法の特定支援を提供しました。
トルコ防災ビジネス調査
日本と同様に地震国であるトルコで防災関連ソリューションへのニーズが高まっています。トルコにおける政府の防災方針や実際の取り組みを調査し、政府系を含めたさまざまな防災関連機関への現地インタビューを通して、防災領域でのクライアントのビジネス機会の特定、およびそれらの獲得に向けた提案策定を支援しました。

中東

特定の疾患分野に関する市場調査
アジアから中東、欧州にかけての計9カ国における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。

イラク

イラクへの輸出サポート
クライアントはイラクへの輸出およびイラク現地法人の設立を検討中でした。イラクでのビジネス機会が増えている中、イラクの会社法、税制、輸入プロセスが不明確であり、既存政策の応用におけるグレイゾーンの存在などの問題から正確なビジネス判断が困難であったため、PwCの現地ネットワークを活用し、クライアントに有効なビジネススキームの策定、ビジネスを実施する上でのさまざまな課題の特定およびそれらの解決に向けた支援を提供しました。

北米

高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。

中南米

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

チリ

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

コロンビア

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

コスタリカ

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

メキシコ

メキシコにおける自動車部品のサプライヤー調査
メキシコなどの新興国における自動車OEM(Original Equipment Manufacturer)メーカ進出に追随して、部品メーカの現地への進出が不可避となり、しかも現地部品メーカとの競争にさらされる場面も多くなっており、高品質で安定的に部品を供給できるサプライヤーの開拓が最重要課題となっていました。
そこで、PwCのサプライチェーンに精通するコンサルタントが、過去のサプライヤー開拓・調査事例から、部品種類別のサプライヤーリスト(データベース)を作成し、設計開発や製造プロセスの生産技術について多面的な技術力や、
太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

パナマ

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

ペルー

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

課題:

ガバナンス

中国・東南アジアにおける輸出業務改善支援
特例輸入者(AEO)の継続取得、日本国内の輸入経費削減を目的として、中国・東南アジアの各海外工場における税関申告上のインボイスと現物との間の不整合を解消すべく、海外工場の輸出業務改善支援を実施しました。
株式会社IHI リスク管理高度化支援事例
株式会社IHIはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、リスク管理体制の再設計とその運用にグループ一丸となって取り組み、2009年に特設注意場銘柄の指定解除とJ-SOX監査での有効評価という目標を達成。
シスメックス株式会社
シスメックス株式会社は、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、安全保障貿易の管理体制を整備しグローバル規模でコンプライアンスを強化しました。

イノベーション

曙ブレーキ工業株式会社
曙ブレーキ工業株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、本社と国内グループ12社の人事システム統合により業務の標準化と効率化を実現しました。
全日空商事株式会社
全日空商事株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、わずか5.5ヵ月で新営業システムを構築し、商社/貿易業務を効率化精度の高い収益管理を実現。
大手流通業A社 新管理会計システム構築事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手流通業A社の新管理会計システム構築事例において、管理会計制度の抜本的な見直しと管理会計システムの刷新を同時に行い、構造改革をスピーディに実現しました。
東日本旅客鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社は、社員システムの老朽化・複雑化といった課題解決のため、ERP導入による全面刷新を決断。その全フェーズをプライスウォーターハウス株式会社(PwC)が支援した新社員システムは2年半のプロジェクトを経て2007年10月に本稼働しました。
株式会社講談社
株式会社講談社では、会計と経営管理にフォーカスした新たな情報システムの構築プロジェクトを立ち上げ、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、2006年12月に本稼動を開始しました。
大手製造業B社 コンバージェンス対応支援事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業B社のコンバージェンス対応支援事例において、グループ会社の会計処理基準の統一を最小限の修正で実現しました。
ミツカングループ
ミツカングループは、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC )の支援のもと、分社型カンパニー経営を支える次世代基幹情報システムを構築しました。
パイオニア株式会社
パイオニア株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、週次生販業務システム(SPEED)構築による、グローバルな販売・需給調整・生産・物流各拠点一体のSCM改革を行いました。
楽天銀行株式会社
楽天銀行株式会社はコンサルティングパートナーにプライスウォーターハウスクーパース株式会社を選択し、金融機関においていち早くIFRS対応の基盤整備を完了しました。
シェリング・プラウ株式会社
シェリング・プラウ株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、SAP® R/3®グローバルテンプレートで短期導入を実現し、グローバル経営を支える基幹業務システムを構築しました。

オペレーション

東南アジア域内シェアードサービスセンター構築支援
グローバル競合企業と比べて高い間接業務コストの削減、コンプライアンスリスクの低減、グローバル成長戦略の支援を狙いとして、PwCシンガポールと連携して東南アジア域内の経理業務を対象に組織体制、オペレーション、IT、ガバナンスの設計を行うなど、シェアード・サービス・センターの構築を支援しました。現在、さらなるコスト削減に向けて、欧州、インド、東南アジアにおける経理業務のグローバル集約化の取り組みを支援しています。
インド市場参入支援
インド事業の抜本的強化に向けた製品ポートフォリオの検討を実施するとともに、PwCの現地ネットワークを駆使した現地顧客の購買チャネル・購買決定要因分析、競合企業ベンチマークなどを通じ、インド市場における成功要因を見極めた参入戦略を策定しました。その実行に向けて現地企業とのパートナーシップ構築、サプライチェーン構築など事業基盤の構築を支援しています。
大手製造業C社の国内販売会社 営業活動モデル策定事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業C社の国内販売会社の営業活動モデル策定事例において、収益貢献度の高い代理店を見極め、最適な営業工数投下で効率的かつ効果の高い標準的な営業活動プロセスを確立しました。
株式会社ニコン
株式会社ニコンはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の協力を得て、製品ライフサイクルマネジメントにおけるPDCAプロセスの大改革に踏み切りました。
パイオニア株式会社
パイオニア株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、週次生販業務システム(SPEED)構築による、グローバルな販売・需給調整・生産・物流各拠点一体のSCM改革を行いました。

規制

大手製造業B社 コンバージェンス対応支援事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業B社のコンバージェンス対応支援事例において、グループ会社の会計処理基準の統一を最小限の修正で実現しました。
楽天銀行株式会社
楽天銀行株式会社はコンサルティングパートナーにプライスウォーターハウスクーパース株式会社を選択し、金融機関においていち早くIFRS対応の基盤整備を完了しました。

リスク管理

株式会社IHI リスク管理高度化支援事例
株式会社IHIはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、リスク管理体制の再設計とその運用にグループ一丸となって取り組み、2009年に特設注意場銘柄の指定解除とJ-SOX監査での有効評価という目標を達成。

成長戦略

林業機械システムの動向調査
マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。
インドネシア通信業界の動向調査
インドネシアの通信業界における動向について調査報告書を作成しています。
南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査
日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。
イラクへの輸出サポート
クライアントはイラクへの輸出およびイラク現地法人の設立を検討中でした。イラクでのビジネス機会が増えている中、イラクの会社法、税制、輸入プロセスが不明確であり、既存政策の応用におけるグレイゾーンの存在などの問題から正確なビジネス判断が困難であったため、PwCの現地ネットワークを活用し、クライアントに有効なビジネススキームの策定、ビジネスを実施する上でのさまざまな課題の特定およびそれらの解決に向けた支援を提供しました。
フィリピンにおける電動三輪車普及(e-Trike)の可能性調査
二国間オフセットクレジット制度構築に向け、フィリピンにおけるガソリン三輪車(Tricycle)を電動三輪車(e-Trike)に置き換える技術と、その製品にかかわる法規制・政策関連の調査と将来的なビジネスモデルの検討を実施しました。この調査結果を分析し、簡易かつ効率的に排出削減量を算定するMRV方法論*を構築しました。さらにe-Trikeの普及促進のための政策・財政課題などの解決策について検討を行い、最終的に提言案として調査報告書を作成しています。 *MRV:測定、報告、検証
特定の疾患分野に関する市場調査
アジアから中東、欧州にかけての計9カ国における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。
ロシア進出サポートプロジェクト
クライアントは自動車メーカーからの要請により新興国への進出に取り組んでおり、メーカー各社と取引を拡大することを検討中でした。対象国の1つであるロシアは言語や日本からの距離などの問題から、現地の自動車政策、自動車メーカー各社の動き、現地への進出の可能性、投資実務の留意点などについて情報が入手しにくいため、PwCのグローバルネットワークを活用し、ロシア進出のためのフィジビリティスタディの支援を提供しました。
ヘルスケア市場調査およびヘルスケア事業に関する事業性調査
東南アジアから南アジアにかけての新興国計6カ国において、ヘルスケア領域における新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、医療政策動向、疾病動向、医療提供体制、医療施設整備動向などに関する概要調査を実施しました。調査対象国を絞り込んだ後に、主要な個別医療政策概要調査、事業セグメントごとの主要プレーヤー動向調査、主要法令概要調査、主要事業者事例調査などを踏まえ、事業参入オプションを整理し提案しています。
トルコへの参入戦略構築サポート
トルコの医療セクターへの参入検討のため、主に現地でのインタビューを通じて、トルコの医療システム・保険システム、国の医療政策や民間セクターにおける競争環境を調査・分析しました。さらに市場トレンドや市場の成長性評価を行い、クライアントに最適な参入方法の特定支援を提供しました。
トルコ防災ビジネス調査
日本と同様に地震国であるトルコで防災関連ソリューションへのニーズが高まっています。トルコにおける政府の防災方針や実際の取り組みを調査し、政府系を含めたさまざまな防災関連機関への現地インタビューを通して、防災領域でのクライアントのビジネス機会の特定、およびそれらの獲得に向けた提案策定を支援しました。

サステナビリティ・気候変動

南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査
日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。

人材マネジメント

日立電線株式会社
日立電線株式会社はプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、役割定義の策定・展開プロジェクトを実施し、目標管理の運用高度化ならびに現場マネジメント支援体制の強化を実現しました。
東日本旅客鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社は、社員システムの老朽化・複雑化といった課題解決のため、ERP導入による全面刷新を決断。その全フェーズをプライスウォーターハウス株式会社(PwC)が支援した新社員システムは2年半のプロジェクトを経て2007年10月に本稼働しました。

グローバル展開

ASEANへの事業展開支援
クライアントのASEAN展開に向けて既存製品・サービスの戦略検討を行い、立案した戦略を迅速に実行に移すべくオペレーション戦略の具体化を行いました。さらに、PwCの有するグローバルネットワークを活用し、多数の現地企業・政府系機関・政府系ファンドにおける新規事業に対するニーズの把握とアライアンス戦略の具体化をサポートしました。
中国病院市場調査・事業展開戦略策定支援
中国における病院に関する調査として、ジョイントベンチャー先との新しい事業モデルを検討し、出資リスクをいかにして最小化すべきかに関するオプション提案を行いました。
PwC中国チームと連携し、北京・上海のL1病院、医薬卸、政府機関に対するインタビュー調査を進め、医療改革制度の進捗、中国の病院を取り巻く環境などの調査を実施しました。
新規市場進出のための市場調査・分析
既存製品の新規市場への展開を目指すクライアントへ、海外進出候補先の市場調査と進出戦略の立案および個別進出案件の検討支援を提供しました。
経済産業省事業:平成25年度新興国での新中間層獲得による日本再生事業(インドにおける州政府連携強化事業)
日本企業のインドへの進出活動支援に向けて、デリームンバイ産業大動脈およびチェンナイバンガロール産業大動脈にかかわる9つの州政府に対し、州政府の投資誘致活動に協力しつつ、日本企業向けの投資情報整備を実施。インド中央政府および各州政府高官(産業次官、開発公社総裁)を日本に招聘しての投資フェアを3都市で開催するとともに、各州における基礎環境、投資優遇措置などの調査を実施しました。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
ASEAN・インド統括会社における統括機能検討支援
ASEAN・インド統括会社における統括機能の在り方について、他社ベンチマーキングを行いました。地域統括機能モデル案を提言し、ロードマップ策定を支援しています。
高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
メキシコにおける自動車部品のサプライヤー調査
メキシコなどの新興国における自動車OEM(Original Equipment Manufacturer)メーカ進出に追随して、部品メーカの現地への進出が不可避となり、しかも現地部品メーカとの競争にさらされる場面も多くなっており、高品質で安定的に部品を供給できるサプライヤーの開拓が最重要課題となっていました。
そこで、PwCのサプライチェーンに精通するコンサルタントが、過去のサプライヤー開拓・調査事例から、部品種類別のサプライヤーリスト(データベース)を作成し、設計開発や製造プロセスの生産技術について多面的な技術力や、
太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。
総務省事業:トルコ共和国における災害情報(予警報)配信システム導入整備に関する調査研究
日本と同様の地震国であり、最大都市イスタンブール周辺における巨大地震の発生が非常に高い確率で予測されているトルコに対する、日本の防災システム技術の導入に向けた基礎調査(中央政府および州政府の防災政策、防災行政・教育体系、防災システム整備状況など)を実施し、危機管理を所管する組織であるAFAD(Disaster and Emergency Management Presidency)に対するシステム導入提案を作成しました(情報通信企業3社との共同実施)。
曙ブレーキ工業株式会社
曙ブレーキ工業株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、本社と国内グループ12社の人事システム統合により業務の標準化と効率化を実現しました。
パイオニア株式会社
パイオニア株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、週次生販業務システム(SPEED)構築による、グローバルな販売・需給調整・生産・物流各拠点一体のSCM改革を行いました。
シェリング・プラウ株式会社
シェリング・プラウ株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、SAP® R/3®グローバルテンプレートで短期導入を実現し、グローバル経営を支える基幹業務システムを構築しました。

業種:

自動車

中国・東南アジアにおける輸出業務改善支援
特例輸入者(AEO)の継続取得、日本国内の輸入経費削減を目的として、中国・東南アジアの各海外工場における税関申告上のインボイスと現物との間の不整合を解消すべく、海外工場の輸出業務改善支援を実施しました。
メキシコにおける自動車部品のサプライヤー調査
メキシコなどの新興国における自動車OEM(Original Equipment Manufacturer)メーカ進出に追随して、部品メーカの現地への進出が不可避となり、しかも現地部品メーカとの競争にさらされる場面も多くなっており、高品質で安定的に部品を供給できるサプライヤーの開拓が最重要課題となっていました。
そこで、PwCのサプライチェーンに精通するコンサルタントが、過去のサプライヤー開拓・調査事例から、部品種類別のサプライヤーリスト(データベース)を作成し、設計開発や製造プロセスの生産技術について多面的な技術力や、
フィリピンにおける電動三輪車普及(e-Trike)の可能性調査
二国間オフセットクレジット制度構築に向け、フィリピンにおけるガソリン三輪車(Tricycle)を電動三輪車(e-Trike)に置き換える技術と、その製品にかかわる法規制・政策関連の調査と将来的なビジネスモデルの検討を実施しました。この調査結果を分析し、簡易かつ効率的に排出削減量を算定するMRV方法論*を構築しました。さらにe-Trikeの普及促進のための政策・財政課題などの解決策について検討を行い、最終的に提言案として調査報告書を作成しています。 *MRV:測定、報告、検証
ロシア進出サポートプロジェクト
クライアントは自動車メーカーからの要請により新興国への進出に取り組んでおり、メーカー各社と取引を拡大することを検討中でした。対象国の1つであるロシアは言語や日本からの距離などの問題から、現地の自動車政策、自動車メーカー各社の動き、現地への進出の可能性、投資実務の留意点などについて情報が入手しにくいため、PwCのグローバルネットワークを活用し、ロシア進出のためのフィジビリティスタディの支援を提供しました。

重工業・産業機械

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
ASEAN・インド統括会社における統括機能検討支援
ASEAN・インド統括会社における統括機能の在り方について、他社ベンチマーキングを行いました。地域統括機能モデル案を提言し、ロードマップ策定を支援しています。
高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
林業機械システムの動向調査
マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。
曙ブレーキ工業株式会社
曙ブレーキ工業株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、本社と国内グループ12社の人事システム統合により業務の標準化と効率化を実現しました。
株式会社IHI リスク管理高度化支援事例
株式会社IHIはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、リスク管理体制の再設計とその運用にグループ一丸となって取り組み、2009年に特設注意場銘柄の指定解除とJ-SOX監査での有効評価という目標を達成。

医薬・ライフサイエンス

中国病院市場調査・事業展開戦略策定支援
中国における病院に関する調査として、ジョイントベンチャー先との新しい事業モデルを検討し、出資リスクをいかにして最小化すべきかに関するオプション提案を行いました。
PwC中国チームと連携し、北京・上海のL1病院、医薬卸、政府機関に対するインタビュー調査を進め、医療改革制度の進捗、中国の病院を取り巻く環境などの調査を実施しました。
シェリング・プラウ株式会社
シェリング・プラウ株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、SAP® R/3®グローバルテンプレートで短期導入を実現し、グローバル経営を支える基幹業務システムを構築しました。

エネルギー・資源

南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査
日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。

運輸・物流

全日空商事株式会社
全日空商事株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、わずか5.5ヵ月で新営業システムを構築し、商社/貿易業務を効率化精度の高い収益管理を実現。
東日本旅客鉄道株式会社
東日本旅客鉄道株式会社は、社員システムの老朽化・複雑化といった課題解決のため、ERP導入による全面刷新を決断。その全フェーズをプライスウォーターハウス株式会社(PwC)が支援した新社員システムは2年半のプロジェクトを経て2007年10月に本稼働しました。

消費財・小売・流通

新規市場進出のための市場調査・分析
既存製品の新規市場への展開を目指すクライアントへ、海外進出候補先の市場調査と進出戦略の立案および個別進出案件の検討支援を提供しました。
高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援
高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。
大手流通業A社 新管理会計システム構築事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手流通業A社の新管理会計システム構築事例において、管理会計制度の抜本的な見直しと管理会計システムの刷新を同時に行い、構造改革をスピーディに実現しました。
ミツカングループ
ミツカングループは、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC )の支援のもと、分社型カンパニー経営を支える次世代基幹情報システムを構築しました。

テクノロジー

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
東南アジア域内シェアードサービスセンター構築支援
グローバル競合企業と比べて高い間接業務コストの削減、コンプライアンスリスクの低減、グローバル成長戦略の支援を狙いとして、PwCシンガポールと連携して東南アジア域内の経理業務を対象に組織体制、オペレーション、IT、ガバナンスの設計を行うなど、シェアード・サービス・センターの構築を支援しました。現在、さらなるコスト削減に向けて、欧州、インド、東南アジアにおける経理業務のグローバル集約化の取り組みを支援しています。
インド市場参入支援
インド事業の抜本的強化に向けた製品ポートフォリオの検討を実施するとともに、PwCの現地ネットワークを駆使した現地顧客の購買チャネル・購買決定要因分析、競合企業ベンチマークなどを通じ、インド市場における成功要因を見極めた参入戦略を策定しました。その実行に向けて現地企業とのパートナーシップ構築、サプライチェーン構築など事業基盤の構築を支援しています。
イラクへの輸出サポート
クライアントはイラクへの輸出およびイラク現地法人の設立を検討中でした。イラクでのビジネス機会が増えている中、イラクの会社法、税制、輸入プロセスが不明確であり、既存政策の応用におけるグレイゾーンの存在などの問題から正確なビジネス判断が困難であったため、PwCの現地ネットワークを活用し、クライアントに有効なビジネススキームの策定、ビジネスを実施する上でのさまざまな課題の特定およびそれらの解決に向けた支援を提供しました。
日立電線株式会社
日立電線株式会社はプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、役割定義の策定・展開プロジェクトを実施し、目標管理の運用高度化ならびに現場マネジメント支援体制の強化を実現しました。
大手製造業C社の国内販売会社 営業活動モデル策定事例
プライスウォーターハウス株式会社(PwC)は、大手製造業C社の国内販売会社の営業活動モデル策定事例において、収益貢献度の高い代理店を見極め、最適な営業工数投下で効率的かつ効果の高い標準的な営業活動プロセスを確立しました。
株式会社ニコン
株式会社ニコンはプライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の協力を得て、製品ライフサイクルマネジメントにおけるPDCAプロセスの大改革に踏み切りました。
パイオニア株式会社
パイオニア株式会社は、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、週次生販業務システム(SPEED)構築による、グローバルな販売・需給調整・生産・物流各拠点一体のSCM改革を行いました。
シスメックス株式会社
シスメックス株式会社は、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)の支援のもと、安全保障貿易の管理体制を整備しグローバル規模でコンプライアンスを強化しました。

情報通信

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
インドネシア通信業界の動向調査
インドネシアの通信業界における動向について調査報告書を作成しています。
総務省事業:トルコ共和国における災害情報(予警報)配信システム導入整備に関する調査研究
日本と同様の地震国であり、最大都市イスタンブール周辺における巨大地震の発生が非常に高い確率で予測されているトルコに対する、日本の防災システム技術の導入に向けた基礎調査(中央政府および州政府の防災政策、防災行政・教育体系、防災システム整備状況など)を実施し、危機管理を所管する組織であるAFAD(Disaster and Emergency Management Presidency)に対するシステム導入提案を作成しました(情報通信企業3社との共同実施)。
トルコ防災ビジネス調査
日本と同様に地震国であるトルコで防災関連ソリューションへのニーズが高まっています。トルコにおける政府の防災方針や実際の取り組みを調査し、政府系を含めたさまざまな防災関連機関への現地インタビューを通して、防災領域でのクライアントのビジネス機会の特定、およびそれらの獲得に向けた提案策定を支援しました。

エンタテイメント&メディア

株式会社講談社
株式会社講談社では、会計と経営管理にフォーカスした新たな情報システムの構築プロジェクトを立ち上げ、プライスウォーターハウス株式会社(PwC)の支援のもと、2006年12月に本稼動を開始しました。

金融サービス

楽天銀行株式会社
楽天銀行株式会社はコンサルティングパートナーにプライスウォーターハウスクーパース株式会社を選択し、金融機関においていち早くIFRS対応の基盤整備を完了しました。

官公庁・公的機関

経済産業省事業:平成25年度新興国での新中間層獲得による日本再生事業(インドにおける州政府連携強化事業)
日本企業のインドへの進出活動支援に向けて、デリームンバイ産業大動脈およびチェンナイバンガロール産業大動脈にかかわる9つの州政府に対し、州政府の投資誘致活動に協力しつつ、日本企業向けの投資情報整備を実施。インド中央政府および各州政府高官(産業次官、開発公社総裁)を日本に招聘しての投資フェアを3都市で開催するとともに、各州における基礎環境、投資優遇措置などの調査を実施しました。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業:インド共和国におけるスマートグリッド関連技術にかかる現状分析
電力需給のひっ迫しているインドにおいて、配電事業者の課題となっている負荷ピーク低減、技術的・商業的ロスを低減させるためにインド政府が取り組んでいるスマートグリッド導入政策に着目し、現地配電会社と連携しつつ日本のスマートグリッド技術導入の可能性を評価、現地配電会社による実証実験の計画を策定しました。
(富士電機株式会社およびエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社とのコンソーシアムによる実施)。
太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析
太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。
総務省事業:トルコ共和国における災害情報(予警報)配信システム導入整備に関する調査研究
日本と同様の地震国であり、最大都市イスタンブール周辺における巨大地震の発生が非常に高い確率で予測されているトルコに対する、日本の防災システム技術の導入に向けた基礎調査(中央政府および州政府の防災政策、防災行政・教育体系、防災システム整備状況など)を実施し、危機管理を所管する組織であるAFAD(Disaster and Emergency Management Presidency)に対するシステム導入提案を作成しました(情報通信企業3社との共同実施)。
南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査
日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。
フィリピンにおける電動三輪車普及(e-Trike)の可能性調査
二国間オフセットクレジット制度構築に向け、フィリピンにおけるガソリン三輪車(Tricycle)を電動三輪車(e-Trike)に置き換える技術と、その製品にかかわる法規制・政策関連の調査と将来的なビジネスモデルの検討を実施しました。この調査結果を分析し、簡易かつ効率的に排出削減量を算定するMRV方法論*を構築しました。さらにe-Trikeの普及促進のための政策・財政課題などの解決策について検討を行い、最終的に提言案として調査報告書を作成しています。 *MRV:測定、報告、検証

ヘルスケア

ASEANへの事業展開支援
クライアントのASEAN展開に向けて既存製品・サービスの戦略検討を行い、立案した戦略を迅速に実行に移すべくオペレーション戦略の具体化を行いました。さらに、PwCの有するグローバルネットワークを活用し、多数の現地企業・政府系機関・政府系ファンドにおける新規事業に対するニーズの把握とアライアンス戦略の具体化をサポートしました。
特定の疾患分野に関する市場調査
アジアから中東、欧州にかけての計9カ国における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。
ヘルスケア市場調査およびヘルスケア事業に関する事業性調査
東南アジアから南アジアにかけての新興国計6カ国において、ヘルスケア領域における新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、医療政策動向、疾病動向、医療提供体制、医療施設整備動向などに関する概要調査を実施しました。調査対象国を絞り込んだ後に、主要な個別医療政策概要調査、事業セグメントごとの主要プレーヤー動向調査、主要法令概要調査、主要事業者事例調査などを踏まえ、事業参入オプションを整理し提案しています。
トルコへの参入戦略構築サポート
トルコの医療セクターへの参入検討のため、主に現地でのインタビューを通じて、トルコの医療システム・保険システム、国の医療政策や民間セクターにおける競争環境を調査・分析しました。さらに市場トレンドや市場の成長性評価を行い、クライアントに最適な参入方法の特定支援を提供しました。
 
 ページトップへ