株式会社IHI リスク管理高度化支援事例

財務報告の信頼性までを担保する全社的なリスク管理の仕組みを整備
そして、事業活動との統合を目指したさらなる高度化へ

過年度決算訂正によって2008年2月に東京証券取引所の特設注意市場銘柄指定を受けたIHIは、J-SOX監査にて監査法人からリスク管理体制改善の必要性を指摘されました。そこで同社は、プライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC※当時ベリングポイント)の支援のもと、リスク管理体制の再設計とその運用にグループ一丸となって取り組み、2009年に特設注意市場銘柄の指定解除とJ-SOX監査での有効評価という目標を達成。その後、事業活動との統合をはかり、効率的かつ効果的な運用を目指したリスク管理活動の、さらなる高度化を推進しています。