Taking Control ~買収後のリスクを速やかに解消していくためのコントロールの確立~

買収先企業に対するコントロール権を確立し、ポストM&Aを成功に導きます

プライスウォーターハウスクーパース株式会社の方法論である「Taking Control」は、(1)買収先経営陣とのポストM&Aに関わる経営ビジョンの共有、(2)コーポレートガバナンスやコンプライアンス遵守に必要な体制の整備、(3)事業継続性の担保、(4)事業資産の保全、という視点から経営に対するコントール権の確立を促すことで、M&Aに伴うリスクを早期に軽減します。つまり、Taking ControlはM&Aによる価値の実現に向けた礎であるといえるでしょう。プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、クライアント企業が「やるべきことを的確に執り行える」よう、数々の統合プロジェクトで用いてきた実践的なアプローチと、経験豊富なメンバーにより、専門知識やリソースという側面からクライアントチームを補完します。また、クライアント固有の課題や状況に応じたアプローチやチーム体制にて、支援いたします。