グローバルシェアードサービス構築支援

海外事業拡大と低コストオペレーションの実現

今日、日本企業は海外展開や積極的なM&Aに伴い、グローバル先進企業や新興国企業との競争にさらされています。このような環境のなかでバックオフィス業務整備の遅れや海外と比較して高い間接業務コスト、海外子会社に対する脆弱なマネジメントなどが課題となっています。グローバル成長を支援するプラットホームとしてグローバルシェアードサービスを構築することで、低コストオペレーションの実現および海外子会社に対するガバナンスとコンプライアンスの強化を図り課題解決に取り組む日本企業が増えています。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、PwCグローバルネットワークと連携して、シェアードサービス構築およびアウトソーシングの実現性評価、設計、構築、導入から稼働後の継続的改善までを一貫して支援します。