PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

金融機関における国際財務報告基準(以下、IFRS)対応の難しさは、複雑な金融商品会計への対応だけではなく、会計基準の変更の影響を受ける広範な業務プロセスやシステムの変更を適切に管理し、多岐にわたるステークホルダーと連携を取らなくてはならないことにあります。
IFRS対応を円滑に推進するためには、ステークホルダーとの連携や会計基準の変更対応など、対応を全方位でカバーする方法論が強力な助けとなります。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。