PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

日本における国際財務報告基準(以下、IFRS)強制適用の動向が不透明な状況下において、日本基準とIFRSとの差異が大きい金融商品が財務諸表の大半を占める金融機関においては、財務数値や業務・システム、ビジネスへの影響を把握し、前広に対応計画を立案することの重要性は高まる一方です。
スケジュールやタスク、予算など対応計画の立案には影響分析が不可欠ですが、金融機関におけるIFRSの影響範囲は広範に及ぶため、合理的かつ有用な分析を行うには、どのような観点から何をどのように分析するかが重要なポイントとなります。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。